このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

人気SIMフリースマホのスペック全紹介! 【2017年夏編】 第3回

格安スマホらしくコスパで選ぶならこのクラス

2万円台はファーウェイのP10 liteにZenFone、VAIOも! 人気SIMフリースマホ全紹介 【ミドルクラス編】

2017年08月20日 12時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Android 7.0&2万円台前半なら、まだまだ魅力的
「HUAWEI P9 lite」

 ミドルクラスの定番SIMフリー機として、1年以上のベストセラー製品の地位を築いている「HUAWEI P9 lite」。後継機のP10 liteも登場したが、価格がジリジリと下がり、今では約2万2000円前後で購入可能。MVNOのセットモデルでさらに割り引かれるケースもあるので、まだまだ魅力的だ。

 スペックは、ディスプレーはフルHDの5.2型液晶、CPUはオクタコアの「Kirin 650」(2GHz+1.7GHz)、2GBメモリー、16GBストレージ、13メガカメラ(イン8メガ)、3000mAhバッテリー、指紋センサーなど。内蔵ストレージだけは小さめだが、性能自体は充実しているほか、OSも早々にAndroid 7.0にアップデートした。

 メタルフレームの薄型筐体に加え、機能面でもファーウェイの上位モデルを継承しているのも大きな特徴で、高速認証&端末操作が可能な指紋センサーや、豊富な機能を備えたカメラにも注目である。

メタルフレームで厚みは約8.15mm。背面には指紋センサーが。ゴールドのカラバリはヘアライン仕上げ

薄型の金属筐体に5色のカラバリ、独自のUIも
「SAMURAI REI」

 FREETELが昨年5月にリリースした「SAMURAI REI(麗)」。アルミ筐体を採用し、厚さ7.2mm/136gという薄型軽量を実現している。発売当初から価格も下がっており、量販店ならポイント込みで2万円前後。それでいて後述するなかなかのスペックを持っている。

FREETELの人気モデル「SAMURAI REI」

 具体的には、フルHD解像度の5.2型液晶、MediaTek製のオクタコアCPU、2GBメモリー、32GBストレージ、13メガカメラ(イン8メガ)、2800mAhバッテリー、指紋センサーなど。前面下部にあるホームボタンは独自仕様で指紋センサーを内蔵。軽いタッチで「戻る」、ダブルクリックで「アプリ履歴」、長押しで「検索」と、1つのボタンで主要な端末操作が可能。ナビゲーションバーを消せるので、ディスプレーの表示領域を最大限活かせる。

カラバリはメタルブラック、メタルシルバー、シャンパンゴールド、ピンクゴールド、スカイブルーの5色

 カラバリは5色も用意されており、特にスカイブルーは爽やかさが印象的だ。

シンプルなデザインとカラーが好印象

Alcatelの安価なモデル「SHINE LITE」は
2万円強なのに安っぽさがないデザインが○

 「SHINE LITE」はデザインが魅力のAlcatelのエントリー機で、実売価格は約2万2000円。スペックもHD解像度の5型液晶、CPUはクアッドコアのMediaTek MT6737(1.3GHz)、2GBメモリー、16GBストレージ、13メガカメラ(イン5メガ)、2460mAhバッテリー、Android 6.0など。価格相応ではあるが、指紋センサーを搭載しているのはプラス要素。

Alcatelの安価なモデル「SHINE LITE」

 注目したいのはやはりデザイン。すごく高級感があるとは言いがたいが、背面にはガラス素材を使用。ラウンド処理に加えて、ピュア・ホワイト、サテン・ゴールド、プライム・ブラックという3色のカラバリはシンプルながらも、どれも個性的で美しい。コスト重視でも、安っぽいスマホは嫌だという人にもオススメできる。au VoLTEにも対応し、UQ mobileなどからもセット販売が行なわれている。

ピュア・ホワイトは側面はシルバー。背面には指紋センサーも

ゴールドとブラックも魅力的

 次回はさらに安価なSIMフリースマホを紹介する【エントリー編】を予定している。1万円以下のスマホや今時珍しい、4型台のコンパクトモデルも存在する。お楽しみに。


前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン