このページの本文へ

人気SIMフリースマホのスペック全紹介! 【2017年夏編】 第3回

格安スマホらしくコスパで選ぶならこのクラス

2万円台はファーウェイのP10 liteにZenFone、VAIOも! 人気SIMフリースマホ全紹介 【ミドルクラス編】

2017年08月20日 12時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

モトローラのミドルクラス機「Moto G5」は
個性的なデザインにDSDS対応予定も

 【ミドルハイ編】で取り上げた「Moto G5 Plus」は、コスパの高さと独特のデザインが特徴の注目モデルと紹介しているが、その下位モデルとなる「Moto G5」も、2万円強にも関わらず、非常に高性能な1台だ。

パッと見は上位モデルの「Moto G5 Plus」とよく似た「Moto G5」。横幅は約73mmと5型モデルとしてはやや大きめ

 独特の感覚を持ったデザイン、そして端末の機能は、Moto G5 Plusと共有。背面の素材はプラスチックになったが、巧みな塗装で上質感を演出する。カラバリはMoto G5 Plusにもあるルナグレー、ファインゴールドの2色。

金属風の塗装が特徴的。前面下部に指紋センサーを搭載

 主なスペックは、フルHD解像度の5型液晶、Snapdragon 430(1.4GHz、オクタコア)、2GBメモリー、16GBストレージ、13メガカメラ(イン5メガ)、2800mAhバッテリー、Android 7.0など。指紋センサーを前面下部に搭載し、端末の操作も可能である。またネットワーク面では今後のアップデートでDSDSへの対応を予定。他のモトローラ端末と同じく、nanoSIM×2とは別にmicroSDスロットが用意されているのも大きなポイントだ。

背面カバーを外すことができ、最近では珍しくバッテリーの交換にも対応

4100mAhバッテリーが魅力!
OSアップデートでDSDSに対応! 「ZenFone 3 Max」(5.5型)

 「ZenFone 3 Max」には5.2型/5.5型の2モデルがあり、ともに4100mAhの大容量バッテリーが大きな特長だが、5.5型モデルは全体的な性能も5.2型モデルより高めでミドルクラスに位置する。

大型バッテリー搭載「ZenFone 3 Max」の5.5型モデル

 その性能は、フルHD解像度の5.5型液晶、Snapdragon 430(1.4GHz、オクタコア)、3GBメモリー、32GBストレージ、16メガカメラ(イン8メガ)、指紋センサーなど。対応周波数が多めでau VoLTEも利用可能だが、基本的にはミドルクラスの典型的な性能。さらにOSがAndroid 7.1にアップデートされたタイミングで、DSDSにも対応した。あとは大容量バッテリーをどう評価するか。ちなみに厚さ8.3mmで重量も約175gなので、すごく大型の端末というわけではない。

メタル筐体を採用。背面には指紋センサーを搭載。それほど分厚いという印象はない

 カラバリはグレー、ゴールド、ピンクの3色。どちらかと言えば、ポップな印象の仕上がりになっている。

au VoLTEにも対応したZenFone 3シリーズのスタンダード機
5.5型フルHD液晶搭載「ZenFone 3 Laser」

 ZenFone 3シリーズのバリエーションモデルの1台。ZenFone 3 Laserは製品名どおりにレーザーAFを搭載。実売価格は税込で約3万円とミドルクラスの製品だ。

シルバーとゴールドの2色が用意される「ZenFone 3 Laser」

 主なスペックは、5.5型フルHD液晶にSnapdragon 430 1.4GHz(オクタコア)、4GBメモリー、32GBストレージ、13メガカメラ(イン8メガ)、指紋センサー、3000mAhバッテリーなど。OSはAndroid 7.0へのアップデートが提供されている。ミドルクラスとしては標準的な内容ながら、不満なく使える機能と性能だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン