このページの本文へ

TOMMY HILFIGERに「Marketo」導入

文●通販通信

2017年07月21日 04時58分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

(株)マルケトは20日、合同会社PVHジャパンが輸入・販売を行うアパレルブランド「TOMMY HILFIGER」に、同社のエンゲージメントプラットフォーム「Marketo」が導入されたと発表した。

オムニチャネル構想の一環として採用

 「Marketo」は、メール配信、WEB広告、WEBサイト、モバイルに対し、統一したメッセージを発信できるプラットフォーム。マーケターと顧客との長期的な関係の発展を支援するよう設計された、エンゲージメントマーケティングソフトウェアとソリューションを提供している。「TOMMY HILFIGER」では、日本でのオムニチャネル構想の一環として採用され、エンゲージメントの向上やブランド価値を高めていくためのマーケティング活動に用いられる。

 PVHジャパンでは、顧客のライフステージや購買チャネルなどを考慮した付加価値サービスを提供することを目的に「Marketo」を活用。複雑化する顧客行動をフォローできる環境を整備し、顧客とのリレーション構築につなげたいとしている。

 ■マルケト

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く