このページの本文へ

WebVRの本命なるか? Facebook発のライブラリー「React VR」を使ってみた

2017年06月20日 15時52分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

ブラウザー上でVRコンテンツを表示できるWebVR。React Nativeをベースに開発された「React VR」でWebVRアプリを作ってみました。

React VRは、Facebookが開発したJavaScriptライブラリーで、WebVRアプリケーションを作成できます。A-Frame by Mozillaとの違いは、WebVRシーンの作成にHTMLではなく、JavaScriptを使うことです。

React VRはWebGLライブラリthree.jsとReact Nativeフレームワークを基礎としています。したがって、JSXタグや、<View><Text>などのReact Nativeのコンポーネント、FlexboxレイアウトといったReact Nativeのコンセプトを使えます。React VRシーンの作成手順を簡素化するために、3Dメッシュ、ライト、ビデオ、3Dシェープ、球面画像などをビルトインでサポートしています。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く