このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

価格は10万円台でコスパも高い!

会社で使うノートPCを大画面17.3型にしたら予想以上に作業効率が上がった

2017年05月31日 11時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

仕事は快適に作業できる性能!
STYLE-17FH053-i7-HNFSのベンチマークを計測

 STYLE-17FH053-i7-HNFSは、17.3型と大画面ながらゲーミングパソコンのようにGPUを搭載しているわけではなく、CPU内蔵のインテル HD グラフィックス630を利用している。その分、価格が10万2578円と抑えられているので、仕事で使う大画面ノートパソコンとしてはもってこいのモデルだと思っている。

 では、実際にどれくらいの性能を持っているのか、各種ベンチマークを計測してみた。STYLE-17FH053-i7-HNFSは、Core i7-7700HQ(2.8GHz)、8GBメモリー、240GB SSDを搭載している。

 パソコンの総合的な性能を計測するPCMark 8のHome acceleratedが3575、画像処理ソフトなどのパフォーマンスを測る「Creative accelerated」が4450という結果だった。

Home accelerated

Creative accelerated

 GPUがCPU内という点以外はハイスペックな構成なので、高めのスコアを記録した。これくらいの性能があれば普段の仕事やウェブブラウジング、動画視聴などは快適にこなせるだろう。加えて、写真処理もRAWデータの編集や、大量の写真を一気に編集するのは厳しいかもしれないが、簡単な写真編集などはある程度こなせるだろう。

 また、「CrystalDiskMark」でストレージのアクセス速度を計測してみたところ、シーケンシャル リードで546.8/秒という結果になった。ノートパソコンではSSDが主流になりつつあるので、最近ではこれくらいのスコアも見慣れてきたが、HDDと比較すれば間違いなく高速。起動やデータの読み書きが遅いとイライラするという人は、STYLE-17FH053-i7-HNFSのようなSSD搭載機を選んだほうがいい。

CrystalDiskMark

軽めのMMORPGならサクサクプレー可能!
設定次第では少し重めのタイトルも

 3D性能を計測する3DMarkでは、Fire Strikeが813、Sky Diverが3874、Cloud Gateが7296という結果だった。Steamで配信されているような大作ゲームを快適にプレーするのは厳しいだろうが、ゲーミングマシンではないので仕方がない。しかし、軽めのMMORPGなどはプレーできるくらいの性能は持っている。

Fire Strike

Sky Diver

Cloud Gate

 では、実際にMMORPGは快適にプレーできるかを「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4k」「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」でみていこう。

 ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4kは、標準品質、1920×1080ドット、フルスクリーンで3965(普通)、低品質、1920×1080ドット、フルスクリーンで4618(普通)だった。また、解像度を1280×720ドットに落としてみたところ、標準品質が7325(とても快適)、最高品質が6311(快適)という結果になった。

標準品質、1920×1080ドット、フルスクリーン

低品質、1920×1080ドット、フルスクリーン

標準品質、1280×720ドット、フルスクリーン

最高品質、1280×720ドット、フルスクリーン

 ドラゴンクエストXに関しては普通にプレーできそうだし、大人数で戦う負荷が高めのイベントやコンテンツでも解像度を下げればしっかり対応できそうだ。

 ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター ベンチマークは、標準品質(ノートPC)、1920×1080ドットで1605(設定変更を推奨)、標準品質(ノートPC)、1280×720ドットで2912(やや快適)という結果に。ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーターも、設定次第ではプレーできそうだ。

標準品質(ノートPC)、1920×1080ドット

標準品質(ノートPC)、1280×720ドット

 STYLE-17FH053-i7-HNFSは、会社だけでなく自宅での仕事兼負荷低めのゲームをプレーするための据え置きノートパソコンとしてもオススメできる。デスクトップパソコンではなく大画面ノートパソコンなので、室内であれば持ち運んで使える。家族が寝静まった後に自分の部屋に持ち運んで使う場合などに、モバイルノートパソコンより迫力ある映像やゲームを楽しむことができるのだ。

自宅やオフィスで快適に作業するための大画面ノートならこれだ!

室内を持ち運べるノートパソコンがいいけど大画面で作業したという人にオススメ!

 STYLE-17FH053-i7-HNFSを会社で使い始めて結構たった。今まで17.3型といえばゲーミングノートパソコンというイメージだが、GPUをCPU内蔵以外に搭載しないマシンでここまで快適に仕事ができるようになるとは思っていなかった。GPUを採用していない分、価格も10万2578円からと導入しやすい価格帯なのもありがたい。

 職場もそうだが、自宅のデスクにもなじむデザインだと思うし、机周りを掃除したいときにもデスクトップより楽に別の場所に移動できるのもノートパソコンのいいところ。室内で持ち運べるノートパソコンがほしいけど、大きな画面で作業したいという人は、STYLE-17FH053-i7-HNFSを検討してみてほしい。

試用機の主なスペック
機種名 STYLE-17FH053-i7-HNFS
CPU Core i7-7700HQ(2.8GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 630
メモリー 8GB
ストレージ 240GB SSD
ディスプレー 17.3型(1920×1080ドット)、ノングレア
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.2
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 3.0(Type-C)端子、USB 2.0端子、HDMI端子、ミニD-sub 15ピン、ヘッドフォン/スピーカー出力端子、マイク入力端子、SDカードスロット
内蔵カメラ 約100万画素ウェブカメラ
サイズ/重量 およそ幅418.5×奥行289×高さ36mm/約2.73kg
OS Windows 10 Home(64bit)

(提供:ユニットコム)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ