このページの本文へ

ファーウェイ通信 第42回

驚きのコスパで使える1台! コンパクトなボディーに大容量バッテリーや高機能カメラを搭載

格安スマホ界の決定版!? 「HUAWEI nova lite」の魅力に迫る!

2017年02月24日 11時00分更新

文● 加藤肇 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミドルクラスの中では相当に高い性能を持つ
OSやUIも最新環境を搭載

 気になるスペックもチェックしていこう。CPUには性能と省電力性を両立するオクタコアCPU「Kirin 655」(2.1GHz×4+1.7GHz×4)を採用。メモリーは3GBだ。またOSと独自UIがどちらも最新のAndroid 7.0とEMUI 5.0である。本機の想定ユーザーは、スマホのスペックを詳しく理解している人ばかりではないだろうが、それでも快適に操作できることはスマホを選ぶ上で必要な条件のはず。その意味で十分以上のスペック、最新の環境というのは、知人などに本機を勧める場合にも安心できる要素と言える。

最新のAndroid 7.0/EMUI 5.0を搭載。地中海を思わせる爽やかな色合いと画面の左側から引き出せるショートカットメニューが特徴的

 中でもEMUI 5.0では、ユーザーが操作ミスをするポイントを研究して最適化しており、90%以上の操作を3ステップでこなせるようになっているという。また、画面を右にスワイプするとメニューが表示されるため、メニューの深い階層にいても“戻る”キーを何度も押す必要がない。エーゲ海をイメージしたというデザインも相まって、使用感は非常に軽快だ。

 ディスプレーはフルHD(1920×1080ドット)解像度の5.2型IPS液晶を搭載する。ナベコも「大画面だとセルフィーもしやすいですし、撮った写真を友人に見せるのにも便利ですね」という感想だった。

フルHD解像度でさらに視野角も広い5.2型IPS液晶が用いられている

 また、外出先でのバッテリー切れは非常に困るし、そのためにモバイルバッテリーを持ち歩くのは意外と面倒。HUAWEI nova liteは、本体の厚みが約7.6mmと薄型ながら3000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、ヘビーなユーザーでも1日以上は確実に利用できそうだ。

薄型筐体にも関わらず、3000mAhというバッテリー容量はうれしい点

上位モデルと同じ大型のセンサーを搭載したカメラは
暗い場所や料理などでワンランク上の画質を実現

 さて、HUAWEI nova liteのカメラについても見ていこう。メインカメラはソニー製の1200万画素センサーを搭載。HUAWEI novaと同じ、画素ピッチが1.25μmという大型の撮像素子を採用しており、室内での撮影で強味を発揮する。像面位相差&コントラスト方式のAFが0.3秒と高速な点も同様。このクラスのスマホで考えると、相当にレベルが高いカメラと言える。

リアのカメラにはソニー製の大型センサーを採用している

 撮影機能では、ISO感度やシャッタースピード、露出補正、AF切り替え、ホワイトバランスの設定ができる「PRO」モードを備える。また、料理をおいしそうに撮れる「ナイスフード」モードも利用可能。どちらも直感的に使えるので、SNSへの投稿でちょっと差のつく写真を撮りたいときに強味を発揮しそうだ。

PROモードで少しホワイトバランスや露出を変更するだけでも、グッと個性的な写真になるのでぜひ試してほしい

上がナイスフードモードをオンにした写真で、下がオフの写真。料理がおいしく見える写真になっていることがわかる

 フロントカメラは800万画素。セルフィー時には、おなじみの撮影機能「パーフェクトセルフィー」が便利だ。これは、持ち主の顔を撮影時に自動認識してあらかじめ設定しておいたレベルに美顔補正してくれるもので、下の作例を見ればわかるように、かなり強力な補正も可能。「やりすぎには注意ですけど、女子にはとってもうれしい機能ですね」とはナベコのコメントだ。

パーフェクトセルフィーではあらかじめ設定しておいた補正度合いを自動的に適用してくれるというもの。真ん中がオンで右がオフの写真だ

 パーフェクトセルフィーは、グループ撮影時にも効果を発揮。フレーム内の持ち主の顔を認識し、設定しておいたレベルで補正を行なってくれる。友人たちとの記念写真であっても、持ち主だけは常に自分が納得できるレベルに美顔補正をしてくれるわけだ。

このように自分の顔だけを設定どおりに補正する

 以下のHUAWEI nova liteでの作例もぜひチェックしてほしい。

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店