このページの本文へ

サンフランシスコ、シリコンバレーで実証実験を開始

海外旅行をAI利用のチャットbotでガイド

2017年01月17日 18時21分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
画面イメージ

 ジェーシービーと電通国際情報サービスは1月17日、AIを活用したチャットbotで海外旅行をガイドするサービスを開発。米国シリコンバレーで実証実験を開始する。

 電通国際情報サービスのオープンイノベーションラボとして開発されたもので、LINEおよびFacebook Messengerのチャットから質問を投げかけるか、メニューから調べたい情報を検索すると、チャットbotがすみやかに回答する。旅行者の入力内容を観光地や商業施設からプッシュ型で情報発信する機能も実装するという。

 実証実験はサンフランシスコの観光ガイドおよび市内大型商業施設「ウエストフィールド」の案内を中心とした情報や、ツアー旅程情報などを提供。モニター限定40名で1月23日~1月27日の期間実施する。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!