このページの本文へ

ブラシ濃度などスライダー操作で瞬時に

Photoshopが新Macbook ProのTouch Barに対応、直感的操作が可能に

2016年12月14日 19時26分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

お気に入りの機能をTouch Barのボタンに

 アドビは12月14日、Photoshopの最新バージョンをMacBook ProのTouch Barに対応させたと発表した。

 MacBook Proのキーボード上部にあるタッチ機能付き横長液晶Touch Barはソフトウェア側から切り替えることでさまざまな機能ボタンやスライドスイッチなどとして利用できる。Photoshopでは、Touch Barで提供する機能を「レイヤーのプロパティ」、「ブラシ」、および「お気に入り」の3セクションに分類している。

スライダーも自在に

 レイヤーのプロパティでは、レイヤーのクリップや選択とマスクなどの機能に素早くアクセス可能。ブラシでは色やサイズ、硬さや不透明度などをスライダーで選択。お気に入りでは、ユーザーの好みのアクションセットをカスタマイズでき、上下/左右反転や画面サイズ合わせ、シェアメニューの機能といったコマンドを設定できる。

 最新バージョンはヘルプメニューからアップデートを選択することでインストールされる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中