このページの本文へ

Apple噂まとめ第45回

Apple噂まとめ(12/4〜12/10)

間もなく登場のiMacとMac ProはPolarisベースの新GPU

2016年12月11日 20時00分更新

文● 吉田ヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 国内外のApple噂系サイトで12月4日から12月10日までに出回った内容をまとめました。あくまでも噂です。

12/5 2016年7~9月期のタブレット出荷台数は大幅減

EMSOneによると、2016年7~9月期のタブレット出荷台数は4782万台で、前期比で17.8%増となったものの、前年同期比では9.3%減となったそうです。Appleやアマゾンの失速が原因のようです。タブレット端末って案外長く使えるので、買い替え周期が3~4年ぐらいになっているのかも。DIGITIMEリサーチのレポートです。

12/05 MacBook ProのTouch Barは台湾メーカーが供給

EMSOneによると、新型MacBook Proシリーズの一部のモデルが採用しているTouch Barについて、表示パネルである有機ELについては韓国サムスンディスプレイ社、タッチセンサーは台湾TPK社と中国ビエル・クリスタル社が供給しているとのこと。有機ELパネルとタッチセンサーの貼り合わせはTPKが独占受注しているそうです。

12/5 iPhone 7がブラックフライデーで苦戦

EMSOneによると、北米で11月24日の感謝祭翌日の「ブラックフライデー」、翌週月曜日の「サイバーマンデー」で、は米グーグル社の「Pixel」がiPhone 7よりも売れたそうです。具体的には新しくアクティベートした端末の台数で、Pixelが大幅に上回っていたとのこと。

12/6 Apple強気?iPhoneシリーズを5000万台供給

EMSOneによると、Appleは2017年1~3月期のiPhoneの出荷台数を5000万台と考えているとのこと。Appleが四半期で販売するiPhoneは3500~4500万台程度なので、出荷台数とはいえこれを上回ることになりますね。また、台湾TSMC社は、iPhone 7シリーズが搭載するApple A10 Fusionプロセッサーの製造量を2016年11月から引き上げているそうです。春節や日本の年度末などiPhone 7シリーズの需要が高まることを狙っての計画なのかも。

12/6 2017年のMacBookの出荷台数は前年比5%減

EMSOneによると、Appleは2017年のMacBookの出荷見込みを前年より5%減と見積もっているそうです。待ちに待った新型MacBook Proシリーズが登場し、発売後の爆発的な需要増もそろそろ落ち着いてきたので、これからが勝負なんですけどね。スマホ全盛の時代、一般ユーザーがパソコンを買う動機がどんどん弱くなっているのは事実ですが、踏ん張ってほしいところです。

12/7 次世代MacBook ProはインテルのSSD搭載か

EMSOneによると、米インテル社は2017年に複数モデルの新型3D NAND型フラッシュメモリーを発表するとのこと。この中でSSD向けのものは、AppleのMacBook Proに採用される可能性があるそうです。

12/7 Apple Musicの有料会員数が2000万人を突破

Apple Insiderによると、によると、Apple Musicの有料会員数が2000万人を突破したそうです。競合となる「Spotify」の有料会員数は2016年9月の時点で4000万人のようなので、ダブルスコアで差を広げられています。とはいえ、2000万人ってかなり多いと思いますけど。Music Business Worldwideのレポートです。

12/7 2016年で最も使われたカメラはiPhone?

9 to 5 Macによると、写真共有サービスのFlickerで投稿された写真の約半数となる47%がApple製品からのアップロードだったそうです。つまり、iPhoneとiPadということですが、iPhoneがかなりのシェアを占めると思われます。2位はキヤノンで24%、3位はニコンで18%とのこと。デバイス別のシェアでは、iPhoneがトップ10に8機種もランクインしているようです。

12/7 2018年発売のiPadは有機ELパネル採用ヘ

DigiTimesによると、iPad向けのチップの需要が失速しているとのこと。2016年のiPadの出荷台数は4000万台程度になるようです。Appleの発表では2015年の出荷台数が4956万台だったので約1000万台減るようです。この傾向はiPadの有機ELが始まる2018年まで続くそうです。有機ELを搭載したからといって右肩上がりになるとは思えませんが、期待されまくっている次期iPhoneのように、デザインや機能が大幅にブラッシュアップされるiPadが出てくれば話は違うのかも。

12/7 2017年に登場するのはマイナーチェンジのiPhone

Macお宝鑑定団Blogによると、2017年に発売されるiPhoneは、iPhone 8シリーズではなくiPhone 7sシリーズになるそうです。搭載するプロセッサーはApple A10 FusionからApple A11に変わるそうですが、これまでのsが付くモデルと同様に前モデルの機能強化版になるそうです。Androidよりはかなり売れているものの販売不振とされるiPhone 7シリーズですが、マイナーチェンジとなると引き続き苦しい戦いを強いられる可能性もありますね。北米や欧州、中国のユーザーがあっと驚くような隠し球を用意してほしいところです。

12/7 Apple Watchの出荷が激減!前年同期比71%減

EMSOneによると、2016年7~9月期のウェアラブル端末の出荷統計を調査会社である米IDC社が公表したとのこと。Apple Watchは前年同期から71%減の110万台と大幅に減少し、シェアも落ちたそうです。Apple Watch Series 2の販売が始まったのは10月以降なので、10~12月期の出荷台数やシェアは向上すると思われます。

12/8 フォックスコンが米国でiPhoneやロボットを製造

EMSOneによると、台湾フォックスコン社は米国でiPhoneやロボット、IoT機器などの製造を検討しているそうです。米国次期大統領であるドナルド・トランプ氏の意向を受けてのことのようです。

12/8 iPhone 7 Plusのデュアルレンズカメラの供給元が好調

EMSOneによると、iPhone 7 Plusが搭載するデュアルレンズカメラに使われるレンズを供給している、台湾ラーガン社の売り上げが伸びているとのこと。2016年10月期の売上は約1850億円(52億800万NTドル)で、前月比では3%増となり単月では2016年で最高になったそうです。同社がiPhone 7 Plus用のレンズだけを作っているわけではないですが、iPhone 7シリーズの売上不振と言われている中、Plusモデルについては売上が伸びている可能性もありますね。ただし、前年同期比では8.7%減だったそうです。

12/8 iPhone 8シリーズの5.8型はフォックスフォンがほぼ独占

EMSOneによると、Appleが2017年に発売する見込みのiPhone 8シリーズについて、5.8型の最上位モデルは台湾フォックスコン社がその95%の製造を請け負うそうです。一方で4.7型モデルについては台湾ペガトロン社が65%を請け負うとのこと。台湾の通信社である中央社のレポートです。

12/8 有機EL搭載iPhoneはプラスチック基板を採用

EMSOneによると、韓国サムスン電子社と韓国LGディスプレイ社は、2017年に登場すると見られる有機ELパネル搭載のiPhoneにプラスチック基板を使うそうです。素材がプラスチックというのはわかりますが、。ネットで調べてみると透明な基板の可能性もありますね。台湾のシンクタンク工業技術研究院のアナリストのレポートです。ぜひ分解してみたい。

12/8 新MacBook ProのGPUの不具合はmacOS 10.12.2で解決

9 to 5 Macによると、MacBook Pro(Late 2016)で報告されているGPUが原因の表示の不具合は、macOS 10.12.2にアップデートすると解消するそうです。Appleのソフトウェアエンジニアリング担当の上級副社長であるクレイグ・フェデリギ氏が明らかにしたそうです。ハードウェアの問題じゃなくてひと安心です。

12/8 macOS 10.12.2に次期Mac Proの痕跡あり

Apple Insiderによると、macOS 10.12.2の最新ベータ版には米AMD社が未発表のGPUである「Polaris 10XT2」「Polaris 12」「Vega 10」などの記載があるそうです。Polaris 10XT2は次期iMac、Vega 10は次期Mac Proが搭載するGPUのことを示しているそうです。

12/8 iOSのApp Storeの売上高が2016年11月に過去最高に

MacRumorsによると、iOSのApp Storeの月間売上高が過去最高を記録したそうです。具体的な数字や内訳は不明ですが、Appleの上級副社長であるフィル・シラー氏がTwitterに投稿した内容が根拠となっています。

12/9 iPhoneはやっぱり売れている?

EMSOneによると、2016年8~10月期の世界主要国・地域でのスマートフォン統計で、iPhoneシリーズが米国、英国、日本で最も売れた端末だったそうです。iPhone 7シリーズの販売不振が指摘されていますが、旧機種を含めたシリーズ全体では人気端末であることは変わらないようです。カンター・ワールドパネル・コムテックのレポートです。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中