このページの本文へ

mouseが顔認証カメラ&指紋認証リーダーを発表

すべてのWindows 10搭載PCを「Windows Hello」対応にするデバイス

2016年10月06日 14時10分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

顔認証カメラ「CM01」

 マウスコンピューターは10月6日、Windows Hello対応の顔認証カメラ「CM01」指紋認証リーダー「FP01」を発売した。

 いずれも、カメラに顔を向ける/センサーに指でタッチするというパーソナルな方法で個人を認識し、Windows 10搭載デバイスにログインするための製品。これにより、パスワードを入力することなくセキュリティーを高めることができる。

顔認証カメラ「CM01」。赤外線カメラ(深度センサー)で顔の特徴を立体的に識別し、写真や映像によるなりすましを防ぐ。1秒以内で認識しログインできるという。サイズはおよそ幅135×奥行き53×高さ22mm

指紋認証リーダー「FP01」。重量は約5g。装着の長さは約10mm

指の方向を問わず指紋認証できる。タッチから1秒以内でログイン可能とのこと

 家電量販店およびマウスコンピューターのダイレクトショップ、公式サイト、楽天市場店、電話通販窓口で取り扱う。価格は、顔認証カメラ「CM01」が7980円(税別/送料込)。指紋認証リーダー「FP01」が4980円(税別/送料込)だ。

訂正:初出時、価格を税込と記載していましたが、同社から訂正があり、正しくは税別となります。これにより当該箇所を訂正しました。(2016年10月6日)

カテゴリートップへ

マウスコンピューター