このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

職場でのオフィスワークや家庭でのライトな利用にぴったり

3万7980円でSSD搭載! シンプルさが魅力の15.6型「Stl-15HP033-C」

2016年08月15日 10時00分更新

文● エースラッシュ 編集○ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユニットコムの「Stl-15HP033-C」シリーズは、15.6型ディスプレー搭載のノートPCだ。なんと直販価格3万7980円(税別、2016年8月10日現在)からというお手頃価格が魅力な上、職場でのオフィスワークや家庭でのライトな利用にぴったりのものとなっている。試用機として「Stl-15HP033-C-CFXM」をお借りしたので、どのような製品なのか、早速チェックしていこう。

「Stl-15HP033-C」シリーズ(掲載写真は、「Stl-15HP033-C-CFXM」試用機)
主なスペック
製品名 Stl-15HP033-C-EES Stl-15HP033-C-EE Stl-15HP033-C-CFXM(即納モデル)
直販価格(税別) 3万7980円から(2016年8月10日現在) 3万9980円(2016年8月10日現在)
CPU Intel Celeron N3160(1.6GHz)
メインメモリー 4GB DDR3L-1600
ディスプレー(最大解像度) 15.6型(1366×768ドット) 光沢
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 400(CPU内蔵)
ストレージ 120GB SSD SATA 500GB HDD 128GB SSD M.2 SATA
LAN機能 無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、有線LAN端子(1000BASE-T)
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 2.0端子×2、HDMI端子、アナログRGB端子、Bluetooth 4.0+LE USB 3.0端子×2、USB 2.0端子×2、HDMI端子、アナログRGB端子
カメラ 100万画素
メモリーカードスロット SD/SDHC/SDXC/MMC対応 SD/MMC対応
サウンド機能 内蔵ステレオスピーカー、マイク端子、ヘッドホン/スピーカー端子
本体サイズ 約幅378×奥行き262×高さ32mm 約幅374×奥行き258.5×高さ22.8mm
重量 約2.2kg 約2.2kg
OS Windows 10 Home(64bit)

シンプルで汚れが目立たない、落ち着いた外装デザイン

 まずは「Stl-15HP033-C」試用機の外観からスタートだ。トップカバーは、ロゴが入っているシンプルなデザインで、外装やパームレスト部にはさらさらとした質感の樹脂が使われている。金属的に見える加工などは施されておらず、触り心地は悪くない。光沢加工でないぶん、指紋などの汚れが目立たない印象で、毎日何かしらPCを触る機会がある方にオススメしやすい。このデザインなら、職場と自宅のどちらで利用しても違和感なく溶け込んでくれるはずだ。

光沢のないトップカバーにロゴを配したシンプルデザイン

 キーボード面には傾斜がついており、手前側が低く、ディスプレー側が高くなるようにデザインされている。ディスプレーを大きく開いた時にはヒンジ部がわずかに持ち上がる作りにもなっているため、キーボード利用中、手首に負担がかかりにくく、使い心地はいい。お子さんや女性など体の小さな方でも疲れにくいだろう。

キーボード面には傾斜がついており、手前側が低く、ディスプレー側が高くなるようにデザインされている。ディスプレーを大きく開いた時にはヒンジ部がわずかに持ち上がる作りにもなっているため、キーボード利用中、手首に負担がかかりにくい

 「Stl-15HP033-C」試用機の本体サイズは約幅374×奥行き258.5×高さ22.8mm。重量は約2.2kgとなっており、特別薄型軽量というわけではないのだが、実際に手に持つと比較的軽く感じられる。自宅内や職場で手に持って移動するという”屋内モバイル”であれば、十分持ち運べるサイズ/重さだ。

背面。「Stl-15HP033-C」試用機の本体サイズは約幅374×奥行き258.5×高さ22.8mm。重量は約2.2kgとなっており、自宅内や職場で手に持って移動するという”屋内モバイル”であれば、十分持ち運べるサイズ/重さだ。

前へ 1 2 次へ