このページの本文へ

宅配追跡アプリ「ウケトル」、総追跡貨物数50万個突破

2016年07月27日 09時12分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image (株)ウケトルは25日、宅配荷物の追跡アプリ「ウケトル」の総追跡貨物数が50万個を突破したと発表した。

 「ウケトル」はヤマト運輸・佐川急便・日本郵便に対応し、3社の荷物の配達状況を追跡する無料アプリ。通販で購入した荷物の追跡・再配達依頼ができるほか、Amazon・楽天のアカウントを登録すれば、購入した商品の自動追跡が可能となる。4月5日にサービスを開始して以降、順調にユーザー数を拡大し、22日に総追跡貨物数が50万個を突破した。

 ウケトルでは、宅配3社の追跡で得たビッグデータを活用し、さらに受け取りやすい条件などを研究している。宅配ドライバーの配達と消費者不在のミスマッチの原因を追究し、解決策をアプリの機能として開発することを目指す。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く