このページの本文へ

ドローン配送を実現へ、国交省が「物流ドローンポート連絡会」開催

2016年07月20日 07時13分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 国土交通省は21日、物流用ドローンポートシステムの研究開発を目的とした「物流ドローンポート連絡会」を開催する。

 ドローンなどの小型無人機を物流に活用するには、安全な自動着陸、機体重量増加の制限、安価での対応などの課題がある。課題解決に向け、国交省は「交通運輸技術開発推進制度」を活用し、ブルーイノベーション(株)や東京大学などと連携し、物流用ドローンポートシステムの研究開発を行うため、「ドローンポートシステム連絡会」の開催に至った。

 同連絡会の構成員は、鈴木真二氏(東京大学大学院教授)(座長)、秋本修氏(日本無人機運行管理コンソーシアム幹事)、小川真郷氏(日本郵便(株)経営企画部企画役)、深田雅之氏((株)ゼンリン事業企画本部プロダクト企画部)、牧浦真司氏(ヤマトホールディングス(株)執行役員)、三浦龍氏(情報通信研究機構ワイヤレスネットワーク総合研究センター耐災害ICT研究センター兼務)ら。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く