このページの本文へ

最強の布陣揃う編

iPad Pro2台の変態仕様で見開き漫画を描くのはあの漫画家

2016年07月23日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Procreateは仕事で使ってまったく問題ない

四本 アプリのApple Pencil対応はどうなってるの?

画家 Procreateというアプリがあるの。まず、それとiPad Proとの組み合わせがね、指で描いていても素晴らしいわけです。雑誌のカットくらいは全然行ける。バージョンアップするにつれて、印刷データレベルのピクセル数を扱えるようになってきて、まあピクセル数増やすとレイヤーは減るんだけど、オレそんなにレイヤー使わないから。

Procreateの現在のバージョンは3.1.1、iOS9.3以降に対応。販売はSavage Interactive Pty Ltd、価格は720円!

四本 iPad Proの13インチだと合計で1万6000ピクセルか。遊びのお絵かきソフトじゃないね。

画家 だからポスターも作れるし、もう普通に仕事でぜんぜん行ける。最初にやった本格的なイラストは、去年の年末の仕事で、大阪のPiTaPaカードのリレーイラスト広告。この頃はまだPencilが手に入らなかったから、指で描いていたんだけど、大体8000ピクセルくらいじゃないかな。

西牧 (9人目のイラストレーターが寺田さんなんだけど、この人、もしかしてもしかするのか……)

画家 このアプリ、描いている様子をムービーで保存もできるのね。この広告を企画した代理店がさ、ムービーが欲しいって言うから、Procreateは描いたものを動画で書き出せますって話をして(現在は4K出力も可能)、これで納品したんですよ。PiTaPaじゃないけど、ムービーの感じはさ、福島でやったドローイングの動画がYouTubeに上がっているから、それ見てみて。これもまだ指で描いている頃だな。

2016年1月9日、10日に福島県三春町の福島ガイナックスで開催された「寺田克也ココ12年展」のライブドローイングムービー

四本 どれどれ。ところで関係ないけど、この動画の後ろで流れてるフィル・マンザネラみたいな音楽はなに?

画家 これはYouTubeで無料で使えるやつ。

四本 あ、なんだつまらん。しかし、いつもこんなスピードで描いてるの?

画家 なんでそういうつまらんボケを言うの。これ、早回しだから。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中