このページの本文へ

「店頭受取」利用率は32.9%、「宅配ロッカー」は7%

文●通販通信

2016年05月13日 08時58分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

グラフ (株)ジャストシステムが11日発表した「ネットショッピング実態調査【配送編】」によると、ECサイトの商品配送でコンビニなどの「店頭受取」を利用したことがある人は、32.9%だった。

 同調査は同社のセルフ型ネットリサーチ「Fastask(ファストアスク)」を利用したアンケート調査で、調査期間は2015年4月15日~18日。調査対象は20~60代の男女670人。

 「店頭受取」を知っているが利用したことがない人は58.5%、「店頭受取」ができること・対応するECサイトを知らなかった人は8.7%だった。商品購入時に「店頭受取」を選択した理由は、「配達員の対応時間内に自宅で受け取るのが困難だから」が56.3%、「自宅着よりも早く手元に届くから」が21.6%、「同居する人への配慮から」が21%、「お得な販売価格が適用されるから」が20.4%、「特に理由はない」が10.8%、「配達員であっても、自宅に来られるのは嫌だから」が9.6%となった。

 「楽天BOX」「はこぽす」「ヤマト運輸の駅設置ロッカー」など、宅配された荷物をロッカーで受け取れるサービスについての質問では、「利用したことがある」が7.5%、「サービスを知っているが利用したことはない」が48.8%、「サービスを知らなかった」が43.7%だった。

 ロッカー受取サービスの希望設置場所は、「コンビニ」が41.5%、「駅」が24.4%、「スーパー」が21.7%、「郵便局」が15.4%となった。

 ロッカー受取サービスの意見・要望は、「他者にロッカーを開けられないようにしてほしい」(42.5%)、「衛生面に配慮をしてほしい」(31.5%)、「生鮮品の配送用に冷蔵・冷凍ロッカーを完備してほしい」(24%)、「持ち帰りやすいようにひもや手提げホルダーを用意してほしい」(23.8%)などがあった。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く