このページの本文へ

ニューヨークで激化する「フードデリバリー戦争」…NY通信(6)

2015年07月23日 06時21分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

こんにちは、ニューヨーク在住ライターの公文紫都です。こちらのコラム第1回で、「ニューヨークではデリバリーが大人気!」というお話をご紹介しました。

そんなフードデリバリー関連のサービスですが、その数はどんどん増え、まさにちょっとした「フードデリバリー戦争」状態。英語ですが、「戦争」の模様を紹介しているこのような記事もあります。

『10億ドル規模のフードデリバリー戦争』

タクシー配車サービスの『UBER』でさえ、『UberEATS』という名前で、ランチのデリバリーを展開するほど(こちらは車ではなく、自転車を利用した配達サービスを展開しています)。

各社は「まずは使ってもらうこと」を前提としているので、初回は割引にしているところも多いです。ユーザーはまずそれらのサービスを使ってみて、気に入ったらリピートする流れのようです。

私もせっせと各社のサービスを試しているのですが、先日は、『Postmates』というデリバリーサービスを使い、来年にも日本上陸が予定されている大人気のハンバーガーショップ『SHAKE SHACK』のチーズバーガーを注文しました(写真左)。『SHAKE SHACK』はとっても人気があり、いつも行列必至。なのでたとえ多少のデリバリーフィー&チップがかかったとしても、自宅でのんびりテレビを見て待ちながら、行列に並ばずに美味しいハンバーガーにありつく方を選びたい。時にはそういう使い方もありかなと思います(毎回だと、さすがに大変です)。

SHAKE SHACK
SHAKE SHACK
Bareburger
Bareburger

よくデリバリーで注文するのは、日本でも自由が丘にオープンすることが話題になった、ニューヨーク発のオーガニックハンバーガーショップ『Bareburger』。私は必ず、バーガー+シェイク+オニオンリング&ポテトのセットを注文しています(あれ、食べ過ぎ!?笑)。日本では黒毛和牛を使ったメニューを展開するらしいですね。うううう、それも食べてみたい!

写真はお店で食べたBaregurgerです。日本でもアメリカと同じメニュー&サイズで展開するのか分からないですが、どのメニューもとっても美味しく、一度食べるとかなりハマる味なのでぜひ試してみてください。

(公文紫都)

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く