このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

7月15日の発売記念イベントでは、あのジョー・ハーンが来日!

AV界の新星現る! グッスマの変形ヘッドフォンを見たか?

2015年07月12日 15時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

変形機構を心ゆくまで堪能する

 一足お先に製品版を触ることができたので、音質に関するレビューはのちほどするとして、今回はその変形機構を写真と動画で紹介しよう。

まずは畳んだ状態から広げていく。イヤーパッドを下に引っ張ると、このようにパッカーンとサイドが開く
これが伸びる限界。ここまで来たら……パチっと閉じる
同じ動作を逆側も行なう
両サイドを引っ張り出すと、このような形に。しかし、まだ完成形ではない
自分の頭の大きさに合わせて、スライダーを動かし完成! あとはケーブルを差し込めばヘッドフォンとして使える意外と柔軟性があり、ここまで伸ばせる

ヘッドフォンをコンパクトな形に戻す

元の形にトランフォームさせる場合は、基本的に逆の手順になる。まずはサイドを開くイヤーパッドを上に押上げる
すると自動的にサイドが開いてくれるこれで完了! 逆側も同じようにする
この状態になったらスライダーを内側に動かすイヤーパッドをさらに上に動かして、これで収納完了!

身につけるとこんな感じ

多少のズッシリ感はあるものの、イヤーパッドが柔らかいので耳に優しい。ホールド感も悪くない
筆者より先にAV担当のハシモトが音質をチェックしたのだが、「低音は見た目どおりスゴイ」とファーストインプレッションをしていたアーム部分はかなり柔軟性があるので、DJをやるときに片耳を出しやすいかも

変形機構を動画で見る!

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン