このページの本文へ

米Yahoo!、Googleオーガニック検索と検索広告の導入テストを実施

2015年07月08日 10時45分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

SEO専門のブログサイト・SEOBook.comを運営する Aaron Wall氏が、米Yahoo! Search が Google自然検索結果と同広告を表示する試験を実施していることを2015年7月1日に報じた。この件について、米Yahoo!広報担当は同日、同社のユーザーに最善の体験を提供するために、検索プロバイダーを含む複数のパートナーとさまざまな小規模なテストを実施しているとコメントした。

"As we work to create the absolute best experiences for Yahoo users, from time to time, we run small tests with a variety of partners including search providers" ... “There is nothing further to share at this time.”[Yahoo!, In Tests, Yahoo Uses Google to Power Search Results and Ads, New York Times, JULY 1, 2015]

米Yahoo! は2009年7月、米Microsoft と検索事業での提携を発表し、独自の検索技術(YST = Yahoo Search Technology)の開発を中止し、Microsoft の開発・運営する Bing に切り替えて、日本を除く世界各国の Yahoo! で Bing によるオーガニック検索を提供している(※ Yahoo! JAPAN は Google と提携する道を選択)。

Yahoo! と Microsoft の検索パートナー契約は10年間とされているが、今年4月に一部が改訂され、Yahoo! は総検索クエリの最大49%まで、独自の検索技術またはパートナーの自然検索結果および広告(たとえば Google)を表示することが可能となった。この変更により、本件のような Google の自然検索結果を表示するチャレンジが実現した。

ただし、2008年に Yahoo! が検索クエリの一部において、同社の広告に加えて Google の広告も表示する提携計画を発表した際には、米司法省がプライバシー市場およびデータ市場の観点から独占禁止法上問題があるとみなし、法的アクションを示唆したことで撤回された経緯がある。

Yahoo! Search Testing Google Search Results
http://www.seobook.com/yahoo-search-testing-google-search-results

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く