このページの本文へ

DLNAネットワークプレーヤーと連携可能に

人気のハイレゾ再生アプリ「NePLAYER」、ハイレゾ音源をワイヤレス転送可能に

2015年06月26日 16時22分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ハイレゾ音源を再生できるiOS向け音楽再生アプリ「NePLAYER」がワイヤレス再生に対応する機能強化アップデート

ラディウスは6月25日、ハイレゾ音源を再生できるiOS向け音楽再生アプリ「NePLAYER」の、AirDrop・ハイレゾ音源のワイヤレス再生に対応する機能強化アップデートを実施した。

 NePLAYERは、CD以上の情報量を持つFLACやDSDなどの音楽データ「ハイレゾ音源」の再生に対応するiOSアプリ。楽曲本来のサンプリングレートと、使用中のDACへ出力されるサンプリングレートの両方をビジュアライザーで表示でき、楽曲リストではフォーマットサンプリングレート順の並びかえなどが可能となっている。

ネットワークプレーヤーへ音楽をワイヤレス転送可能

 今回のアップデートではワイヤレス機能の強化が図られており、iOS端末とのAirDrop接続に対応したMacから音楽データをワイヤレスで保存できるようになったほか、ハイレゾ音源をNePLAYERからDLNA対応のネットワークプレーヤーやミニコンポへ、ダウンコンバートなしでワイヤレス送信可能となっている。

 また、DLNA対応のNASに保存されたハイレゾ音源をワイヤレスでiPhoneやiPadへ送信し、NePLAYERで再生できる。NASに保存されたハイレゾ音源をネットワークプレーヤーなどの機器で再生させる際、iOSデバイスをリモコンとして活用することも可能だ。

 iOS 7以降のiPhone、第5世代iPod touch、iPad miniシリーズ、iPad Airシリーズなどで利用できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中