このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

端末を処分する前に慌てず初期化 第2回

まずは「iPhoneを探す」機能をオフに!

旧iPhoneを売る前に! iOS端末を完全に初期化するテク

2015年05月06日 12時00分更新

文● 外村克也(タトラエディット) 編集●飯島恵里子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

端末を探す機能をオフにしたら、いよいよ初期化

 iOSデバイスは、「設定」→「一般」→「リセット」から端末の初期化が可能。このとき設定のみを削除したり、ネットワーク設定をリセットしたりといった選択ができる。個人的な情報を含むすべてのデータを消したければ「すべてのコンテンツと設定を消去」を選ぶ。

注意ポイント

 以後の操作を実行すると、写真や連絡先といったデータはすべて消去される。主要データはiCloudにバックアップされている、という場合でも、写真については直近の1000枚しか保存されないので、念のためPCにつないでデータをコピーしておくのが無難だ。

「ホーム」画面から「設定」でこの画面を開き「一般」をタップする。

「リセット」をタップする

リセットのメニューが表示される。「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップする。

「iPodを消去」(「iPod」の部分は機種によって変わる)を選択すると、さらに確認画面が表示されるのでもう一度「iPodを消去」をタップ。以後は自動で再起動してデータが初期化される。

 以上でiOS端末の初期化は完了だ。全工程を通して、およそ15分程度の時間があれば作業は完了する。手軽にできるので、新端末を購入後、データの移行を終えた時点であわせて実行しておきたいところだ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中