このページの本文へ

物理的な障害なら保証期間内に1回まで、論理的な障害なら3回まで利用可能

WD製HDDのデータ復旧の無料容量が1TBに-ドスパラ

2014年10月27日 13時02分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Western Digitalの内蔵HDDに付属する「データ復旧サービス」の無料復旧容量を、4GBから1TBに拡大

 ドスパラは10月24日、Western Digital製HDDに付けている「データ復旧サービス」の無料復旧容量を、4GBから1TBに拡大したと発表した。

 データ復旧サービスは、ユーザーがデータを削除してしまっても、保証期間であれば無料でデータ復旧を受けられるサービスだ。4GBまでの容量であれば保証期間中のデータ復旧が無料だったが、その無料復旧容量1TBまでに拡大した(1TB以上は別途料金が生じる)。

 データ復旧サービスは、ドスパラで販売するスタンダードモデルの「WD Blue」、静音・省エネが特徴の「WD Green」、NAS専用の「WD Red」など13種類に付属する。保証期間はWD Redが3年間で、他は2年間。物理的な障害なら保証期間内に1回まで、論理的な障害なら3回まで利用可能だ。

 価格は、WD Greenの1TBモデル「WD10EZRX-DS」が8480円など。製品の詳細やサービス内容などは、同社Webサイトを参照のこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ