このページの本文へ

楽天、ポイントを電子マネーへ交換可能に

2013年05月14日 07時00分更新

文● 加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 楽天グループの楽天Edyが実施したインターネット調査によると、「インターネットで買物をした際に貯まるポイントを電子マネーとして街中のリアル店舗でも利用したい」という回答が約6割(57.6%)を占めた。そこで同社では、楽天スーパーポイントを電子マネーの楽天Edyに交換できるポイントサービスを5月10日~8月9日の3か月期間限定で開始した。

 楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天トラベルなど楽天グループの各オンラインサービスを利用した際に貯まるポイント。楽天Edyはスーパーやコンビニエンスストアなど全国約35万か所の加盟店で利用できる電子マネーであるため、今回サービスは、オンラインで貯めたポイントを電子マネー化して実店舗(リアル店舗)で利用するO2Oに結びつく試みとなる。

 楽天スーパーポイントの1ポイントを楽天Edyの1円分に交換。利用に際してユーザーは交換手続きを行う必要があり、専用フォームで受取り対象のEdy番号と交換ポイント数を入力し、確認・送信する。その後のEdy受け取り方法は3種類あり、まず1つ目は、おサイフケータイ「Edyアプリ」を使って携帯電話かAndroidスマートフォンで受け取る。3つ目は、ファミリーマートかサークルKサンクスの店頭で受け取る。3つ目は、楽天Edyリーダーを使ってパソコンで受け取る。

楽天スーパーポイント

楽天スーパーポイントから楽天Edyへの交換・受け取り方法

アスキークラウド最新号特集

『Amazon』翌日配達を発想する「利益無視」経営

asciicloud

「Amazonは今や単なる「便利なオンライン書店」ではない。1995年に創業したベンチャー企業は小売業の枠を超え、物流サービス、クラウドサービスも提供する売上高5兆円以上の巨大企業ら成長。「価格破壊」を武器にオンラインからオフラインまで業界を問わず成長しつつある。アマゾンはなぜ急成長できたのか? 迎え撃つ日本企業の動向にも迫った。

最新号の詳細はこちらから

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中