このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Androidカメラアプリで楽しく撮影しよう!

君はシネマグラフを知ってる?「motiongraph」で写真が動く!

2012年12月12日 19時21分更新

文● 西牧裕太/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
シネマグラフ作品が作れるmotiongraph

 ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社は12日、写真の一部分を動画のように動かせるAndroidアプリ「motiongraph」を発売した。

 motiongraphは、静止画の一部分だけ動かして注目させる「シネマグラフ」を、スマホでカンタンに作れるアプリだ。例えば、女性がウインクしたり、人々が止まっている中で1人だけ動き出す作品が作れる。

 最近では、iPhoneでシネマグラフを作れるアプリもある。だが、クオリティーの高い作品づくりにはやや難がある。Androidアプリに至っては見当たらないだろう。その中でmotiongraphがすごいのは、手ブレ補正技術が採用され、カメラの撮影設定が使えるので、ハイクオリティーな作品ができる点だ。

デジカメで使われるソニーの手ブレ補正機能をアプリにも採用!

 シネマグラフ作品を作る上で手ブレは大敵。注目させる部分だけを動かしたいのに、全体が動いて見えたら意味がない。motiongraphはソニーがデジカメにも取り入れている、独自の手ブレ補正技術を採用することでこの問題を解決。余計な動きが少ない動画が撮影できる。

 また、撮影時にはライトが点灯し、ホワイトバランスや露出の設定変更が可能だ。フォーカスモードも選択できる。これらのカメラ設定を適切にすれば、動く部分と動かない部分の違和感を減らせる。

シーンに合わせてカメラ設定すれば、アプリで作ったとは思えない作品が出来上がる

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン