このページの本文へ

なんと30万円台!? 三菱のレーザーテレビの新機種が登場

2012年05月30日 14時51分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 三菱電機がレーザー光源の液晶テレビ「REAL LASERVUE」(LCD-55LSR3)を発表した。画面サイズは55V型のみで、発売日は6月29日の予定だ。

「REAL LASERVUE」 「REAL LASERVUE」

 同社は2010年にリアプロジェクションタイプのLASERVUE(75V型)を発売しているが、発売当初の価格は75万円前後だった。これに対して 新機種の予想実売価格は38万円前後と、画面サイズが小さいとはいえ液晶パネル採用により大幅な低価格化を実現している。

「LASERVUE Panel」の説明図 色域の説明図。赤い枠がLASERVUE Panelの色域
「LASERVUE Panel」の説明図色域の説明図。赤い枠がLASERVUE Panelの色域

 新機種はバックライトに赤色レーザーとシアンLEDを使用した「LASERVUE Panel」を採用するのが特徴。赤色の再現性と階調表現が向上したほか、緑と赤の光波長をきれいに分離することで色再現性が向上している。

本体内部の液晶パネル背面部。左右にそれぞれ8分割されたバックライトユニットを搭載。もちろんエリア駆動となる ユニットの中を拝見
本体内部の液晶パネル背面部。左右にそれぞれ8分割されたバックライトユニットを搭載。もちろんエリア駆動となるユニットの中を拝見
各ユニットにはレーザーが2つずつ搭載されている。外側(フレーム部)に向けて発光する形になっているが、それを中心部に向けて反射させる フレーム部にはシアンLEDを搭載。各ユニットに10個ずつ搭載されている。レーザーの反射光とともに中央部に向けて発光する
各ユニットにはレーザーが2つずつ搭載されている。外側(フレーム側)に向けて発光する形になっているが、それを中心部に向けて反射させるフレーム側にはシアンLEDを搭載。各ユニットに10個ずつ搭載されている。レーザーの反射光とともに中央部に向けて発光する
従来の液晶テレビ(左)とLASERVUE(右)の画質比較。赤だけでなく、青なども鮮やかになっている
従来の液晶テレビ(左)とLASERVUE(右)の画質比較。赤だけでなく、青なども鮮やかになっている

 これにより、同社の従来の白色LED採用テレビの1.29倍の色再現性を実現。特に赤色レーザーを採用することで赤系の色は、真紅や桃色、紫など、これまでの液晶テレビで表現しきれなかった鮮やかさを実現しているという。

内蔵スピーカー。合計50Wもの出力が可能だ 内蔵スピーカー。合計50Wもの出力が可能だ

 音響ではカーボンナノチューブを振動板に配合した「DIATONE NCV」スピーカーを10個(サブウーファー×2含む)内蔵。5.1chサラウンドをテレビのスピーカーだけで実現できる。

本体下方にBDドライブを内蔵する 付属のリモコン。中央部の「オートターン」の左右ボタンでテレビの首振りが可能に
本体下方にBDドライブを内蔵する付属のリモコン。中央部の「オートターン」の左右ボタンでテレビの首振りが可能に

 さらに、本機は地上/BS/CSデジタルチューナーを3つずつ搭載し、裏番組の2番組同時録画が可能。記録用にBDドライブと1TB HDDを内蔵し、最大12倍の長時間録画が行なえる。加えて、DLNAにも対応するため録画した番組を別のDLNA対応再生機で視聴できる。

 そのほか、3D表示に対応し、リモコン操作による電動の首振り機能も搭載する。

規模ではなく価値を追及する、と語る三菱電機の梅村博之氏
規模ではなく価値を追及する、と語る三菱電機の梅村博之氏

 同社リビング・デジタルメディア事業本部長 梅村博之氏は、同社のAV機器戦略について、「“規模ナンバーワン”ではなく“価値オンリーワン”戦略」を打ち出し、普及機よりも高機能機に注力すると説明。

 また、同社のレーザー技術や半導体技術、カーナビなどで実績のあるカーボンナノチューブスピーカーといった技術を製品に投入することで、同社の総合力を活かした製品を開発していくことを強調した。

 その上で、販路についても空調設備やエレベーターといったBtoBルートにおけるAV拡販を広めたい考えを示した。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン