このページの本文へ

「Enterprise Mobility Management 10.0」

iPhoneのメール転送防止も!マカフィーのモバイル管理

2012年04月04日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月3日、マカフィーはデバイスやデータ、アプリケーション上のプライバシーを保護する包括的なモバイルセキュリティ製品「Enterprise Mobility Management(EMM) 10.0」を発表した。

「Enterprise Mobility Management」はモバイル端末利用時のセキュリティ問題を解決する

 EMMは、従業員のモバイル端末から企業のモバイルアプリケーションへの安全なアクセス、強力な認証を提供する。McAfee ePolicy Orchestratorプラットフォームにより、従業員が所有するスマートフォンやタブレットを含むすべてのモバイル端末をノートPCやデスクトップPCと同じように管理できるという。

 今回発表のEMM 10.0では、データセキュリティを強化。iOS対応のメールの「サンドボックス機能」により、個人のメールボックスから社内メールの転送を防ぐ。また、iOS対応の「Block iCloud Backup」により、社内データをユーザー端末がiCloudにコピーすることも防ぐという。そのほか、企業のセキュリティポリシーに従って企業メールや連絡先、カレンダーを個人データと分離する「Android向けSecure Container」の統合リリースを予定する。

 アプリケーションのセキュリティ強化も行なわれており、AndroidおよびiOS対応のApplication Blacklistにより、管理者は許可しないアプリケーションの利用やアクセスをブロックできる。また、信頼できないSSL証明書をブロックし、悪質なWebサイトへのアクセス防止も可能だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる