このページの本文へ

ソニーとも提携 各種機器にAndroidを採用していく

Android OSの最新版、2.2がリリース さらに改良が進む

2010年05月21日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Googleは、現在開催中の開発者向けイベント「Google I/O」に合わせて、Android OSの最新バージョン「Android 2.2」(コードネーム:Froyo)を発表した。すでに開発者向けサイトにおいて、SDKの配布がスタートしている。

 Android 2.2の新たな機能としては、外見上の変化ではホーム画面にさまざまなTipsを教えてくれる「tips widget」の追加、電話/アプリ一覧/ブラウザにアクセスするためのショートカットボタンの追加など。

細かな部分が中心ながら、さまざまな改良が着実に進んでいるAndroid。新しいOSが搭載された端末がいつ出るか、またまた気になる?

 また機能面では、企業向けメールサーバー/グループウェアで大きなシェアを占めるExchange(互換)サービスへの対応強化、Android端末のモバイル無線ルーター化などがある。

 さらに「Android Cloud to Device Messaging」と呼ばれるPCなどからのGoogleのサービス上で行なった操作をAndroid端末に自動で同期する、といったサービスも開始される。

 またシステム内部でも、Androidの仮想マシンである“Dalvik”の最適化によりアプリケーションの2~5倍のスピードアップ、またJavaScriptエンジンをGoogleが開発を進めてきた「V8」にすることでやはりパフォーマンスアップが見込めるとしている。

 Android関連では、ソニーとGoogleの提携という大きなニュースも発表されている。Googleのテレビ向けプラットフォーム「Google TV」を採用した「Sony Internet TV」をまずアメリカで2010年秋から展開するほか、ホーム/モバイル/パーソナルの各領域でAndroidプラットフォームを採用したハードウェアを開発していくとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン