このページの本文へ

身近なデータを美味しく調理!!

とっておき! Bento 3活用レシピ

2009年12月09日 06時00分更新

文● 倉田吉昭、MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

育児写真日記

初めて立ち上がった日、話せるようになった日など、子どもの成長にはイベントがたくさん。コメントと写真を中心に身長や体重の記入欄などを添えて、楽しくイベント記録を付けよう!


 Bento 3では、iPhotoのライブラリーがサイドバーに表示され、閲覧はもちろん自分で作ったデータベースに「関連データ」フィールドとして引用できる。iPhotoも写真をアルバムにまとめられるが、Bentoならそのときの身長・体重や、解説文といった関連するさまざまな情報をすべて一カ所で管理可能だ

 使い方は、土台となるデータベースを作り、関連データフィールドで写真を選ぶだけ。

Photo Diary for Babys

まずは必要なフィールドを挿入してデータベースを作る。次に「関連データ」フィールドを作成し、データソースを「iPhoto」に設定。「作成」をクリックしよう

Photo Diary for Babys

写真を挿入するために、フォーム画面で関連データフィールドを選択して、フィールド左下にある囲みのボタンをクリックする

Photo Diary for Babys

ライブラリーのウィンドウが表示されるので、使いたい写真をドラッグ&ドロップする。関連データフィールドは、リスト表示とグリッド表示を切り替え可能だ

グリッドのサムネールサイズは、右下の歯車アイコンからウィンドウを表示して設定する。スライダーを動かして、見やすい大きさにしよう

 子どもの成長記録や旅行の思い出など、さまざまなイベントを整理しよう。なお、追加した情報はBento内で使われるのみ。元のiPhotoデータを変更しないので安心だ

本ページで紹介した「育児写真日記」のBento 3用テンプレートを「Bentoテンプレートエクスチェンジ」にて配布しております(こちら)。



(次ページに続く)

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中