このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

iPhone vs Android&Windows Mobile連合軍 アプリで対決第4回

【4日目】はグルメに交通! iPhone&Android&WMアプリ特集

2009年09月14日 19時00分更新

文● ヤシマノブユキ、memn0ck、ASCII.jp編集部 協力●松村太郎、ASCII.jp編集部ほか

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

紛失対策ツール

 無くしたiPhoneが今どこにあるのかを突き止めるには、GPSを活用したソフトが役立つ。移動履歴を見ながら追跡できる「iScrut - Locate your phone」や、発見者がうっかり起動すると現在位置を教えてくれる「Private-I Lite」など、複数のソフトを併用すると効果的だろう。カバンや洋服のポケットに入れたことをよく忘れてしまう人は「Beep My Cell」でビープ音を鳴らすといい。全データを消去する「MissingWipe」はデータ漏洩防止になる。

iPhone

iPhone用アプリ


iScrut - Locate your phone

 iScrut - Locate your phone 1.0

 作者:Antonio Calatrava
 価格:115円


 GPSをオンにしておくことで、iPhoneの現在位置を専用サイトの地図上で確認できる。置き忘れや盗難などでiPhoneが手元から離れても、時系列の地点履歴や移動速度を閲覧でき、追跡の際にめぼしをつけやすくなる。

iScrut - Locate your phoneの画面1 iScrut - Locate your phoneの画面2
固有のロケーションコードが割り当てられるので、これを“http://iscrut.com/”で入力するGPSの通知タイミングは5段階で設定可能。ロケーションコードにはパスワードをかけられる


Beep My Cell

 Beep My Cell 1.1

 作者:Minneware
 価格:115円


 iPhone OS 3.0以降で搭載されたプッシュ通知機能を利用し、“ポーポー”というビープ音を鳴らすことで、たとえばカバンなどに紛れ込んでも見つけやすくなる。音はマナーモードでは鳴らないが、明示的に止めるまで鳴り続けるのが便利なところ。

Beep My Cellの画面1 Beep My Cellの画面2
Webブラウザーで“http://beepmycell.com/”を開き、“Start~”をクリックすると画面のようにiPhoneにメッセージが届き、ビープ音が鳴るプッシュ通知の設定で“警告”と“サウンド”を“オン”。iPhoneのマナーモードも解除しておく


Private-I Lite

 Private-I Lite 001

 作者:Hive Brain, Inc.
 価格:無料


 iPhoneを無くしてしまったとき、それを拾った人が“PRIVATE”と書かれた思わせぶりなアイコンをタップすると、iPhoneの現在位置情報を含むメールが指定したアドレス宛てに送信される。その手順からも運任せな部分はあるが、他のソフトと併用すると保険になりえる。

Private-I Liteの画面1 Private-I Liteの画面2
ソフトのアイコンをホーム画面の目立つ位置に配置しておくのがコツ。GPSもオンにしておく事前に指定した宛先にメールが届く。リンクをクリックすると現在位置を地図上で確認できる
Windows Mobile

Windows Mobile用アプリ


MissingWipe

 MissingWipe 1.1

 作者:SHINN
 価格:無料


 本体ロックを解除するパスワードを一定回数連続して間違えると、内部メモリーのデータを消去し、工場出荷状態に戻す。メモリーカード内のデータは消去しない。Exchange Serverを必要とせず、個人で手軽に使えるのが◎。

MissingWipeの画面1 MissingWipeの画面2
環境設定ソフトなので“スタート”メニュー→“設定”→“システム”タブ→“MissingWipe”を起動“試行回数”は1回から20回まで、“最低パスワード長”は4文字から18文字までの間で指定可能

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン