このページの本文へ

“Cedar Mill-V”コア採用のCeleron Dに久しぶりの新モデルが!

2006年11月09日 23時32分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “Pentium 4 6x1”シリーズのコアである“Cedar Mill”のいわばCeleron版である“Cedar Mill-V”コア採用した「Celeron D 347」が新たにラインナップに加わった。本日より発売しているTSUKUMO eX.では6980円となっている。

“Cedar Mill-V”コア採用した「Celeron D 347」。「Celeron D 356」と「Celeron D 352」の下位モデルにあたる

 65nmプロセスの製品で、2次キャッシュ容量は512KB。S-Specは“SL9XU”。すでに5月に登場しているクロック3.33GHzの「Celeron D 356」とクロック3.2GHzの「Celeron D 352」の下位モデルにあたるもので、クロックは3.07GHzとなっている。FSBは533MHzで、EM64Tをサポートする点やLGA775対応といったところに変更はない。

65nmプロセスの製品で、2次キャッシュ容量は512KB。S-Specは“SL9XU”
  【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ