このページの本文へ

ソニー、デジタルカメラとカラー液晶を搭載した“Hi-MDウォークマン”を発表

2005年03月02日 15時10分更新

文● 編集部 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーマーケティング(株)は2日、ポータブルオーディオプレーヤー“Hi-MDウォークマン”の新機種として、『MZ-DH10P』『MZ-RH10』『MZ-EH930』の3機種を発表した。Hi-MDは、MD(ミニディスク)と再生互換性を持ち、著作権保護技術を採用した記録メディアの規格。最上位機種のMZ-DH10Pは、ウォークマンブランドの製品として初めてデジタルカメラとカラー液晶ディスプレーを搭載するのが特徴。いずれも10日発売で、価格はオープンプライス。編集部による予想実売価格は、録音再生機のMZ-DH10Pが5万3000円前後、同じくMZ-RH10が3万5000円前後、再生専用機のMZ-EH930が2万4000円前後。

MZ-DH10P
MZ-DH10P

デジタルカメラ付き録音再生機のMZ-DH10P

MZ-DH10Pは、新規格の“Hi-MD PHOTO”に対応。前面に1.5インチのTFT液晶ディスプレー(479×240ドット)を、背面に有効130万画素の1/3.2インチCMOSセンサーによるカメラ機能を搭載し、音楽と静止画を1枚のディスクに保存できる。カメラ機能はオートフォーカス対応で、単焦点レンズ(f=4.7mm/35mmカメラ換算では36mm、F3.2)を採用する。静止画の記録解像度は、最大1280×960ドット(JPEG/Exif 2.2、DCF準拠)。CDジャケットの撮影などの用途に合わせて8cmまで被写体に寄れるマクロ撮影機能を備えている。フラッシュも内蔵する。

MZ-DH10P MZ-DH10P
一般店頭モデルの本体カラーはシルバーとブラックの2色ソニースタイルではシルバー/ブラックに加えて限定カラーのレッドも販売する

内蔵カメラで撮影した写真は、アルバムのジャケット写真として楽曲のタイトルと一緒に表示させたり、楽曲の再生中にスライドショーで表示させたりできる。ジャケット写真は付属の音楽再生/管理ソフト『SonicStage Ver.3.0』を使って、音楽ファイルと一緒にパソコンから転送することが可能。MDに保存したジャケット写真のサムネイルから再生するタイトルを選べる“ジャケ写アルバム検索機能”を備える。

また“JPEGビューワー機能”によって、パソコンや専用のメモリーカードリーダー『MCMD-R1』経由で取り込んだ静止画をMDディスクに保存/表示できるが、これらでのスライドショーは行なえない。1GBのHi-MDディスクに640×480ドットの画像を最大約7200枚、“Hi-MD”フォーマットした80分のMDを使用した場合に同じく最大約2100枚保存できるので、小型記録メディアより比較的安価なMDを写真のバックアップ用途に使用することをソニーは提案している。

MDディスクの入れ替えのほか、SonicStage Ver.3.0を使ったUSB(USB 1.1)経由での曲の取り込みに対応。再生できるファイル形式はATRAC/ATRAC3/ATRAC3plusで、MP3ファイルはSonicStage Ver.3.0で取り込んで転送すれば再生可能。ソニーの著作権保護技術OpenMGに対応し、MP3ファイルはSonicStage Ver.3.0に取り込んで本体に転送する過程で著作権保護がかかる。なお、SonicStage Ver.3.0には、音楽ファイルのビットレートを選択して転送する機能(ATRAC/ATRAC3plusのみ対応)、接続したポータブル機器に録音されていない曲をリストアップする機能、MP3のCD作成機能、アナログ録音した音源に対して編集を可能にするWAVコンバージョンツール機能などが追加されている。

バッテリーは内蔵のリチウムイオン充電池で、連続再生時間は最長約14.5時間。本体サイズは幅84.5×奥行き25.7×高さ82.7mm、重さは約155g。漢字表示対応のスティックコントローラー、USB接続端子を装備するクレードル、専用USBケーブルなどが付属する。本体カラーはシルバーとブラックの2色。なお、同社の直販サイト“ソニースタイル”では、限定カラーとしてレッドを販売。本日より先行予約販売を開始する。

光デジタル/マイク入力に対応する録音再生機のMZ-RH10

録音再生機のMZ-RH10は、筐体の表面がハーフミラー処理されたデザインを採用。本体前面に有機ELディスプレーを内蔵し、曲名/アーティスト名/アルバム名などが自照式のブルーの文字で表示される。メニューは日本語/英語表示から選べ、検索メニューでは一覧検索やイニシャル検索が可能。MDディスクの入れ替えのほか、光デジタル/マイク(アナログ)と、SonicStage Ver.3.0を使ったUSB(USB 1.1)経由での外部入力に対応。再生できるファイル形式はATRAC/ATRAC3/ATRAC3plusで、MP3ファイルはSonicStage Ver.3.0で取り込んで転送すれば再生可能。USBバスパワーに対応する。

MZ-RH10
本体カラーはシルバー/ブラック/ブルー/オレンジの4色

バッテリーはニッケル水素充電池で、これに単3アルカリ乾電池を併用した場合の連続再生時間は最長約37時間。本体サイズは幅81.9×奥行き22.1×高さ84.8mm、重さは約147g。漢字表示対応のスティックコントローラー、充電スタンド、専用USBケーブルなどが付属する。本体カラーはシルバー/ブラック/ブルー/オレンジの4色。

再生専用機のMZ-EH930

再生専用機のMZ-EH930は、ATRAC/ATRAC3/ATRAC3plusの再生に対応。バッテリーはニッケル水素充電池で、これに単3アルカリ乾電池を併用した場合の連続再生時間は最長約65時間。本体サイズは幅76.9×奥行き14.7×高さ83.4mm、重さは約103g。漢字表示対応のスティックコントローラー、充電スタンドなどが付属する。本体カラーはシルバー/ブルー/ブラウンの3色。

MZ-EH930
本体カラーはシルバー/ブルー/ブラウンの3色

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン