このページの本文へ

ThinkPad X40 2371-4WJ

ThinkPad X40 2371-4WJ

2004年04月11日 14時53分更新

文● 那須 涼介

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ThinkPad X40 2371-4WJ

日本アイ・ビー・エム(日本IBM)

19万8000円(IBMダイレクト価格)

本記事は、アスキーPC Explorer 2004年2月号の当該記事をWeb向けに編集して再掲載したものです。2004年2月にCPUの高速化(Pentium M-1.20GHz)、HDDの増量(40GB)、無線LAN機能の強化(IEEE 802.11a/b/g対応)などを図った後継モデルの「ThinkPad X40」が発表されています。詳細はこちらのニュースをご覧ください。
『GOOD』
  • シンプルで使いやすい、そしてコストパフォーマンスにも優れた実用的なサブノート。
  • 目立つ要素がないのが逆に美点と言えるだろう。
『BAD』
  • 1.8インチHDDを採用した点。また、CFカードスロットの廃止も若干つらい。
  • 現時点ではX31とどちらを選ぶかが少々悩ましい。
ThinkPad X40 2371-4WJ
●【無線は11bのみ】 無線LAN付きモデルでもIEEE802.11b止まり。ただし、オプションのa/b/g対応Mini PCIカード(9800円)はX31と共通。/●【両サイドにUSBポート】 バッテリはヒンジ側にあるため、各種ポート類は両側面に置かれる。特に右側のUSBポートは独自の電源供給機能も持つ。
ThinkPad X31 2672-CBJ
X30の魅力を残らず継承しつつ、Centrinoの導入により正常進化 日本アイ・ビー・エム「ThinkPad X31 2672-CBJ」レビュー(写真をクリックすると当該レビュー記事に移動します)。

 12.1インチ液晶&1スピンドル、カッチリとした良質のキーボードという歴代“ThinkPad Xシリーズ”の構成は、B5ノートPCの完成型と断言できる。しかしながら、現行の「X31」は重量が約1.65kgまで達し、モバイル性能で他社製品に見劣りする。そんな中登場した新しい「ThinkPad X40」はモバイル性能を重視したモデルだ。CPUは超低電圧版のPentium M-1GHzを搭載、さらにHDDも1.8インチタイプを採用することで1.24kgの重量を実現している。ただ、軽量化が行われれば、失われた部分もあると考えるのが普通だろう。



キーボードはX31と同等 バッテリ駆動は公称3.5時間
●【キーボードはX31と同等】 キーボードのキー配置、表面処理などは従来機とほぼ同等。ストロークは浅いが、使い心地は悪くない。●【バッテリ駆動は公称3.5時間】 背面の奥側に装着するバッテリは4セルタイプ。オプションの大容量バッテリ(排他利用)を用いると約7.5時間になる。

 まず問題となるのは前述の1.8インチHDD。ハッキリ言って、その遅さは体感できる。HDBENCHでの結果は約13MB/秒、すでに旧型の「IC25N040ATCS04」を搭載する筆者所有のX31(2672-CBJ)でも約16MB/秒前後。また容量も20GBとミニマム。使い方次第だろうが妥協は必要だ。次にキーボード。X31の日本語キーボードと比べると底付き感があり、ストロークも浅い。それでもカッチリとした硬さを持っており、打っていて疲れたり、嫌な気分になることはないだろう。また、インターフェイスも注意が必要で、CFカードスロットがなくなり、代わりにSDカードスロットが存在する(SDIO対応)。Gigabit Ethernetに標準で対応しているのは◎だ。

キーボードまわりもシンプル
●【キーボードまわりもシンプル】 本体のデザインと同様に、キーボードまわりも実にシンプル。タッチパッドの両ボタンの間はスクロールボタンとなっている。

 現時点でのX40の評価は、最良のモバイルノートPC、サブノートということになる。サブノートとして考えれば、この性能、価格は魅力的。X31も併売されるので、パワフルなCPUとHDDを求めるX向きに31を、本格的なモバイル環境での利用を考えるならX40がお勧めとなる。

ThinkPad X40 2371-4WJの主なスペック
製品名 ThinkPad X40 2371-4WJ
CPU 超低電圧版Mobile Pentium M-1GHz
チップセット Intel 855GME
メモリ(最大) 256MB(PC2700 DDR SO-DIMM/最大1280MB)
ビデオチップ チップセット内蔵
モニタ 12.1インチTFT(1024×768ドット/フルカラー)
HDD 20GB
光メディアドライブ オプション
スロット PCカードスロット(TypeII×1)、SDカードスロット(SDIO対応)
通信 Ethernet(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T)、無線LAN(IEEE802.11b)、モデム
インターフェイス USB 2.0×2、サウンド、IrDA、D-sub15ピン
サイズ 268(W)×211(D)×20.6~26.9(H)mm
重量 約1.24kg
OS Windows XP Professional

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン