このページの本文へ

ブラクストン、“アビーム コンサルティング株式会社”に社名変更

2003年08月26日 21時06分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ブラクストン(株)は26日、11月1日付けで社名を“アビーム コンサルティング株式会社”(ABeam Consulting Ltd.)へ変更すると発表した。併せて、米デロイト トウシュ トーマツ社のコンサルティング部門であるデロイト コンサルティングから台湾のコンサルティング部門を買収し、アジアにおけるコンサルティング体制の基盤拡充を図るという。

今回の社名変更は、日本を起点に世界へ事業展開するうえで、独自の新しい企業ブランドの構築が重要と判断したことによるもの。買収に関しては、アジアへの進出を加速したい同社と、既存顧客へのサービスを優先するうえでデロイト トウシュ トーマツとの分離独立の必要性が高いデロイト コンサルティング台湾の意向が一致したため。

新社名の“アビーム(ABeam)”は、アジア発のグローバルコンサルティングファームとして成功をつかむための“Asian Beam(アジアの光線・力)”を意味するとしており、“abeam”そのものも「真横に」、「建築物を支えるフレームワーク」、ヨットセーリング用語の「横風を力に変えて速く進む」といった意味を持つことから、“いつでもクライアントの側に立ち、最大限の推進力を持ってクライアントのビジネスの成功を支えていく”という経営哲学を表わすとしている。

なお、ブラクストンは、1月1日付けで、デロイト トーマツ コンサルティング(株)から社名変更を行なっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン