このページの本文へ

「Pro」が取れてお買い得?“RADEON 9800”カードがバルク版で初登場

2003年07月01日 22時37分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
 

 「Pro」ではない、“RADEON 9800”カードが本日初登場した。Sapphire Technology製のバルク版で、気になる価格はコムサテライト3号店で3万7580円となっている。



 
外観自体は「Pro」と全く変わらず。“RADEON 9800”であることを示すのは基板裏の型番ラベルのみ

 インターフェイスはS-Sub、DVI、TV-Out、VRAMに128MBのDDR SDRAMを搭載。外観はリファレンス版の“RADEON 9800 Pro(128MB)”カードそのもので、特に変わったところは見られない。ATIのウェブサイトでは“RADEON 9800 Pro”と“RADEON 9800”の違いについては言及されておらず詳細は不明だが、ショップによればコア/メモリクロックを落としたバージョンであろう、とのこと。いずれにせよ、“RADEON 9800 Pro”カードが5万円~6万円台である事を考えると、バルク版である事を差し引いてもかなり割安。高価な“RADEON 9800 Pro”に対する廉価版として人気を呼びそうだ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ