このページの本文へ

オラクル社員犬“ウェンディ”に社員証を贈呈

2003年03月05日 13時46分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本オラクル(株)は5日、同社のオープンスペースにおいて、新たに同社の社員犬に採用されるオールドイングリッシュシープドッグの“ウェンディ”に社員証を贈呈した。ウェンディは生後2ヵ月(1月6日生まれ)のメスの仔犬で、入社予定日は4月1日(入社式当日)。役職(所属)はCEOオフィス(社長室)、性格は人なつこくおおらかで、活発とのこと。

ウェンディ
多分、何が起こっているのかわからないが多数のレンズを向けられてびっくりしているウェンディ。社員証を首に提げられても、キョロキョロと落ち着かず、ひな壇を降りようとしてしまう一幕もあった

日本オラクルの社員犬は、11年余りに渡り同じオールドイングリッシュシープドッグの“ハイディ”が勤めてきたが、高齢(12歳、人間でいうと70~80歳)により3月で退任が決まっていた。

ハイディ ハイディ
撮影され慣れているのか、はたまた年の功か、ハイディ(左)は比較的落ち着いて見えた。さすが先輩社員犬でも、しばらく同じポーズで居ると疲れて“くたっ”と寝てしまうハイディであった

なお、ウェンディのスケジュールは、3月いっぱいは研修期間としてペットショップZOOにてトレーニングを受けながら、毎週水曜と金曜の2回、本社や他事業所に出社する。4月1日の入社式には新卒の新入社員(同期?)とともに式に参列し、正式な辞令が交付される予定となっている。

贈呈式では、名付け親の方々(社員5人)にハイディのぬいぐるみが贈られた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン