このページの本文へ

プロトン、CD/DVDライティングソフト『インスタントCD+DVD LE/DX』を発売

2002年09月17日 19時31分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)プロトンのソフトボート事業部は17日、独VOB Computersysteme社が開発したCD/DVDライティング統合ソフト『インスタントCD+DVD』(インスタントCDプラスDVD) の最新版として、『インスタントCD+DVD 6.5 LE』と『インスタントCD+DVD 6.5 DX』を10月18日に発売すると発表した。価格はインスタントCD+DVD LEが9800円、インスタントCD+DVD DXが1万4800円。OEM向けにも販売する。従来製品からのパージョンアップサービスは6500円で提供する予定。

インスタントCD+DVD 6.5 LE』
『インスタントCD+DVD 6.5 LE』

『インスタントCD+DVD』は、CD/DVDのライティングを行なう“InstantDisc”、CD/DVDのパケットライトを行なう“InstantWrite”、データのバックアップ/復元を行なう“InstantBackup”、CD/DVDのコピーを行なう“InstantCopy”、ビデオCDの作成を行なう“InstantVideo”、音楽の編集・音楽CDの作成を行なう“InstantMusic”などの機能で構成される統合ソフト。

『インスタントCD+DVD 6.5 LE』は、Instant Disc、InstantWrite、InstantBackup、InstantCopy機能を搭載し、ライティング機能を高速化したほか、DVD+R/+RWにも対応した製品。DVD-RWの“クイックフォーマット”に対応し、DVD-R/RW、DVD+Rで、DVD+RWの“ロスレスリンキング”に相当する機能“クイックライティング”を搭載する。

『インスタントCD+DVD 6.5 DX』
『インスタントCD+DVD 6.5 DX』

『インスタントCD+DVD 6.5 DX』は、インスタントCD+DVD 6.5 LEに、InstantVideo、InstantMusicのほか、新機能であるDVDプレーヤー“DVDPlayer”と、仮想ドライブを作成する“InstantDrive”の2つを搭載した製品。InstantVideo機能も従来より強化されており、MPEG-2のエンコードに対応している。対応機種は、PC/AT互換機、PC98-NX。対応OSは、Windows Me/98/2000/XP。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン