このページの本文へ

シャープ、デジタルハイビジョン対応28インチワイドモデルなど液晶ディスプレーテレビ4機種を発表

2000年01月26日 00時00分更新

文● 編集部 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ(株)は26日、液晶ディスプレーテレビ4機種を発表した。最上位機種にあたるのは、デジタルハイビジョン放送に対応した28インチワイド液晶ディスプレーテレビ『LC-28HD1』。今年12月より、BS放送によるデジタルハイビジョン放送が国内で開始するが、同放送対応の液晶テレビは世界初という。同社では“2005年までに国内のブラウン管テレビをすべて液晶に置き換える”という目標を打ちたてており、今回発表された4機種で、ラインナップの一挙拡大を図る。

写真上左から時計回りに、『LC-12A1-S』、『LC-15A1-S』、『LC-20VM1』、『LC-28HD1』、『LC-20SD1』
写真上左から時計回りに、『LC-12A1-S』、『LC-15A1-S』、『LC-20VM1』、『LC-28HD1』、『LC-20SD1』


今回発表された4機種は以下の通り。

・デジタルハイビジョン対応の28インチワイド液晶ディスプレーテレビ『LC-28HD1』(110万円)
・デジタル放送対応20インチ液晶ディスプレーテレビ『LC-20SD1』(44万円)
・デジタル放送対応15インチ液晶ディスプレーテレビ『LC-15A1-S』(18万5000円)
・デジタル放送対応12インチ液晶ディスプレーテレビ『LC-12A1-S』(14万8000円)

このほか、パソコンの画像表示に対応したAV/PC20インチ液晶AVCモニター『LC-20VM1』(40万円)も、同時に発表された。


デジタルハイビジョン対応28インチワイド液晶ディスプレー

デジタルハイビジョン対応28インチワイド液晶ディスプレーテレビ『LC-28HD1』は、ディスプレー・チューナー部と、機器接続回路のセットトップボックス『AVCセンター』を分けた構成になっており、両者をケーブルで接続して使用する。

ディスプレー部には、294万9120ドットの表示に対応した高精細TFT液晶パネルを採用する。デジタルハイビジョンの映像を再現するために、垂直解像度768ラインを採用。画面サイズの実寸は、縦364mm×横606.7mm。輝度は1平方メートルあたり450カンデラ。新開発の低反射ブラックTFT液晶は、偏光版表面に形成された反射防止膜によって反射光が打ち消しあうように設計されており、従来機の半分以下の反射率となっている。視野角は上下160度、左右160度。消費電力は108W。

内蔵スピーカーは米ボーズ社と共同で開発。スピーカー内部は1本の管の構造になっており、管共鳴現象によって85Hzの重低音を再生する。ディスプレー部の本体サイズはスピーカー装着時で幅985.2×奥行き63.2×高さ448mm(スタンド含まず)、重量は約10.3kg。

セットトップボックス『AVCセンター』は、D3映像入力端子を2系統標準搭載。BSデジタルチューナー(別売)とD端子ケーブルで接続する。また、XGA/SVGA/VGA準拠のパソコン用ディスプレーとしても使用できる。本体サイズは幅360×奥行き270×高さ65mm、重量は約3.5kg。

発売日は2月23日で、価格は110万円。なお、同製品は、2000年上期からアメリカ・ヨーロッパ・アジア地域でも販売される予定。

 『LC-28HD1』。中央の人物が抱えているのがセットトップボックス『AVCセンター』。同社は大型液晶製品の廃棄について、リサイクルの方法を検討中ととしている
『LC-28HD1』。中央の人物が抱えているのがセットトップボックス『AVCセンター』。同社は大型液晶製品の廃棄について、リサイクルの方法を検討中ととしている


 『LC-28HD1』の奥行き。63.2mmという薄さ  『LC-28HD1』の奥行き。63.2mmという薄さ


“2005年までに国内のブラウン管テレビを全て液晶テレビに置き換える”

同社は、“2005年までに国内のブラウン管テレビを全て液晶テレビに置き換える”という目標をかかげ、年末年始から積極的にCMを展開。これまで同社の月産台数は7000~8000台という規模であったが、今回のラインナップ増強により1万台を越すペースにしたいという。

TFT液晶ディスプレーテレビの価格について同社代表取締役副社長の新本孫宏氏は「『LC-28HD1』の110万円という値段について評価が分かれるところであるが、15インチのものまでは1インチ1万円を目標に開発している。それ以上のクラスについては今後も研究開発を進めたい」と語った。なお、今後は、30インチ前後のタイプはTFT液晶パネル、40インチから50インチのタイプはプラズマディスプレーパネルを中心に開発を進める見込み。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン