このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

メッツ、『G.CREW』と『筆自慢』の新バージョンを発表

1999年09月08日 00時00分更新

文● 編集部 伊藤咲子

(株)メッツは、グラフィック総合ソフト『G.CREW7』と、宛名印刷ソフト『筆自慢14』を発表した。どちらも1万円以下で、ホームユースを主眼とした製品。

代表取締役社長の永田典久氏
代表取締役社長の永田典久氏



同社代表取締役社長の永田典久氏は、競合製品との差別化について価格の安さを強調、「この2製品はプログラムステップの8割が共通。商品点数が増えれば、価格も下がるという仕組み」と語った。

2製品とも、複数の画像処理ツールの統合パッケージとなっており、そのうち4点は共通したものになっている。2製品共通で搭載するツールは以下のとおり。
・3D文字作成ソフト『3D Banner Ver5.2』
・変形文字作成ソフト『Banner Ver6.2』
・画像管理ソフト『Media Look Ver1.2』
・フォトレタッチソフト『Photo Crew Light Ver1.0』
・画像透過エディター『Alpha Edit』
*
『G.CREW7』はそれに加え、 描画ソフト『G.CREW Ver7.0』を搭載する。

*『Alpha Edit』は、指定した画像の指定した範囲を、半透明で表現(下のレイヤーの画像が透けて見えるような表現)することを可能にするツール

グラフィック総合ソフト『G.CREW7』

『G.CREW7』
『G.CREW7』



G.CREW7の主な用途は2つ。ひとつは、フォトレタッチの機能を利用してのロゴマークやイメージ画像の作成。もうひとつは貼り紙やポスター、販促チラシ、CD-Rラベルなどのレイアウトの作成。

G.CREW7は6つのツールをパッケージしたソフト。今モデルで初めて、画像透過エディター『Alpha Edit』を搭載した。そのほかの主な新機能と、それを含むソフトは、以下の通り。

・小さなサイズでOLE出力した場合に生じる文字の周りのギザギザの抑制:『3D Banner Ver5.2』
・サムネイルの選択画像に対するプレビュー表示、サムネイルのサイズ変更(64/96/128ピクセル):『Media Look Ver1.2』
・変形文字に対して行なったグラデーション設定の保存:『Banner Ver6.2』
・レイヤー作成機能の搭載:『Photo Crew Light Ver1.0』
・明度やRGB値の自動補正:『Photo Crew Light Ver1.0』


素材集として、著作権フリーのクリップアート6000点を収録。また、日本語フォント10書体、欧文60書体、数字40書体を収録する。対応する入力ファイル形式はBMP/JPG/PSDなど27種類、出力ファイル形式はBMP/JPG/GIFなど16種類。対応OSは、Windows 95/98/NT4.0。9月15日発売で、価格は6980円。なお、アニメーションGIF作成ソフト『Ulead GIF Animatior Ver2.0』と著作権フリー素材を追加した『G.CREW7 Ex』も同時に発売され、価格は8980円。

『筆自慢14』


宛名印刷ソフト『筆自慢14』
宛名印刷ソフト『筆自慢14』



『筆自慢14』は、年賀状や引越し案内など各種ハガキの作成を前提とし、ハガキ表面の宛名と裏面の文字や画像を編集、レイアウトするソフト。

新機能として住所録機能が強化され、25万件の姓名辞書、12万件の電話局番辞書*・大口事業所辞書などを搭載した。同ソフトで作成したイメージデータは、コダック(株)のデジタル印刷サービスに対応する。また、(株)アルプス社の電子地図ソフト『プロアトラス 2000』(別売)とリンクさせることで、住所録に登録している住所の周辺地図を呼び出すことができる。

*電話番号から、該当する住所を市町村レベルまで検出する機能。『筆自慢14EX』(後述)の電話番号辞書は、電話番号を入力するだけで、電話帳に記載されている宛先であれば、氏名と番地までの住所が一発表示されるというもの

素材集として、イラストレーター中川たかし氏の作品を含む7000点(うち、年賀状用は1500点)を収録。また、日本語フォント10書体、欧文60書体、数字40書体を収録する。対応OSは、Windows 95/98/NT4.0。10月1日発売で、価格は4980円。

4100万件の電話番号辞書を搭載し、著作権フリー素材を追加した『筆自慢14Ex』も同時に発売される。価格は6980円。これら2製品は、初回5万本限定価格として、筆自慢が3980円、筆自慢14Exが5980円で販売される。

なお同社は、これらのソフトに関して、販売目標本数については非公表としている。なお、今後の製品計画について、2000年初頭に“ウェブ関連”の製品が予定されているとのこと。

右から説明役の取締役マーケティング部長大塵純氏、司会の長井律子氏とクリス・ペプラー氏。ペプラー氏は、メッツの記者発表会に司会として毎回起用されている
右から説明役の取締役マーケティング部長大塵純氏、司会の長井律子氏とクリス・ペプラー氏。ペプラー氏は、メッツの記者発表会に司会として毎回起用されている

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン