このページの本文へ

持ち運びOKの仮想金庫でデータをガッチリ守る

アクト・ツー、データ暗号化ソフト「ファイルガード X4」を発表

2007年09月27日 21時39分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アクト・ツーは26日、仏インテゴ社製のデータ暗号化ソフト「ファイルガード X4」を今秋発売すると発表した。価格は、11月発売予定のパッケージ版が7800円、10月発売予定のダウンロード版が6800円。

ファイルガード X4」は、暗号化(128ビットAES)された仮想金庫を作成してフォルダーやファイルを管理するセキュリティーソフト。仮想金庫のアクセス権を設定したり、ドラッグ&ドロップによるファイル操作も可能だ。

FileGuard X4 「ファイルガード X4」のメニュー画面。新しく仮想金庫を作成したり、仮想金庫の状態や設定を変更できる
FileGuard X4 仮想金庫の設定画面。15種類の金庫アイコンから好きなものを選べる。ファイルやフォルダーを登録したときの動作は、ここで設定できる

仮想金庫は通常のファイルと同様に電子メールで送信したり、ファイルサーバーに保存することも可能だ。

FileGuard X4
「ファイルガード X4」がインストールされていないマシンでも、仮想金庫をFinderのダブルクリックで開ける。もちろんその際、パスワードが必要だ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中