このページの本文へ

ソフトバンクモバイル、HTC製のスマートフォン「Softbank X02HT」を22日に発売

2007年09月19日 17時10分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクモバイル(株)は19日、OSにWindows Mobile 6を搭載したHTC Nippon(株)製のスマートフォン「Softbank X02HT」を22日に発売すると発表した。同じくHTC製の「X01HT」(関連記事)とは形状が異なり、横長ディスプレーの下に小さなキーボードを配置するタイプとなっている。

Softbank X02HT 「Softbank X02HT」。左から“オレンジ”、“ブラック”、“ホワイト”と側面、背面

 Softbank X02HTはOSに「Windows Mobile 6 Standard Edition 日本語版」を搭載、スケジュール管理やWord、Excel、PowerPointのOffice文書の表示・編集などに対応している。メールはPOP3/IMAP4を利用する一般的なメールの取扱いができるほか、ソフトバンクモバイルのメールサービス「S!メール」(MMS)の送受信にも対応する。

 液晶ディスプレーは2.4インチQVGA(320×240ドット/6万5536色)のTFT液晶で、横長に配置されウェブサイトの表示も違和感なく行なえる。キーボードは画面の下にQWERTYタイプを配置する。

 通信機能はHSDPA方式に対応し、エリア内では下り最大1.8Mbpsで通信できる。また、IEEE 802.11b/gの無線LAN機能、Bluetooth 2.0に対応している。

 カメラは有効200万画素のCMOSタイプ。外部メモリーはmicroSDを採用する。

 本体サイズは幅63×奥行き13.9×高さ114mm、重さは約120g。国内などW-CDMA利用時の連続通話時間は約170分、連続待受時間は約240時間。海外のGSMネットワークでの連続通話時間は約180分。連続待受時間は約230時間となる。本体のカラーは“オレンジ”、“ホワイト”、“ブラック”の3色が用意される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン