このページの本文へ

【携帯電話新機種 実機レポート】

NTTドコモのFOMA 904iシリーズに触ってきた!

2007年04月24日 21時07分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモが今月23日に大きく発表した“FOMA 904i”シリーズ。発表会の様子は当日のレポート記事を参照していただくとして(関連記事)、ここでは、別会場に設置されていた体験コーナーでの各機種の様子をお伝えする。

D904i

904i

D904i

約2.8インチのワイドQVGA(240×400ドット)液晶パネルを採用する、スライドボディーの携帯電話機。“モーションコントロール”(加速度センサー)を本体内部に搭載し、携帯電話機を横に向けた際に自動的に横画面への切り替えなどができる。“直感ゲーム”対応で、D904iでは端末を振ることによる操作も可能。

釣り

インストールしてあった釣りゲーム『体感!珍さんの釣り物語』で遊んでみた。加速度センサーに対応しており、本物の釣り竿を投げるような感覚で本体を振ると釣り糸を遠くに投げられる

タマラン

D904iでは加速度センサーに対応した液体パズル『タマラン』をプレインストール。センサーの感度は調整できないが、微妙な傾きにも反応する

加速度センサー

加速度センサーの設定画面を開いたところ。機能ごとにセンサーの有効/無効を指定できる。センサーの補正もここで行なえる。“新着メールダイレクト表示”をONにしておくと、メールを受信した直後に本体を傾けることで、いきなり本文を表示できる

最薄

本体の貼り合わせ方が改良され、D903i(右)より約1.4mm薄くなった。ワンプッシュで本体をスライドさせる側面のボタンは廃止されたが、“アシストスライド”機構がついており、片手でもスムーズに開け閉めができるようになった

  • メインディスプレー:約2.8インチ ワイドQVGA(240×400ドット)
  • カメラ:有効約320万画素
  • 連続通話時間:約180分
  • 連続待受時間:静止時約600時間
  • 本体サイズ:幅49×奥行き16.8×高さ110mm
  • 重量:約114g
  • カラー:“ブリリアントピンク”、“ミラーブラック”、“スーパーホワイト”、“ミラーワイン”
  • 発売予定時期:5~6月

F904i

904i

F904i

約3.1インチのワイドQVGA(240×432ドット)液晶パネルを採用。ワンセグ受信機能を搭載し、3.1インチの大画面でワンセグ放送を視聴できる。『F903i』と同様、ディスプレーを左右に倒すと、あらかじめ設定しておいた機能を呼び出せる“ヨコモーション”機能を搭載する。指紋センサーを搭載し、セキュリティー面の強化も行なわれている。なお、従来のモデルではワンセグ搭載の機種は“iTV”という機種名が付けられていたが、904iからは排除された。NTTドコモの夏野氏によると「これからのドコモでは、ワンセグが一般化していくため」という。

ワンセグ

ディスプレーを横に倒すとあらかじめ設定してある機能(ここではワンセグ)が起動する。ディスプレーは左向きにも回転する

MULTI

ワンセグの視聴中に“MULTI”キーを押すと、“マルチウィンドウ”が開き、メールその他のほとんどの機能にすばやくアクセスできる

指紋センサー

“F”(富士通(株)製)端末の伝統である“指紋センサー”は背面に配置されている。その下にあるのは、おサイフケータイを表わす“FeliCa(フェリカ)マーク”

ブラウザー

フルブラウザーやドキュメントビューアーも横向き表示に対応。解像度はワイドQVGAだが、思ったほど窮屈な感じはしない

  • メインディスプレー:約3.1インチ(240×432ドット)
  • メインカメラ:有効約320万画素
  • 連続通話時間:イルミネーションOFF時約200分
  • 連続待受時間:静止時約550時間
  • 本体サイズ:幅50×奥行き22×高さ108mm
  • 重量:138g
  • カラー:“ボルドー”、“ノアール”、“ブランシェ”、“シャンパーニュ”
  • 発売予定時期:5~6月

N904i

904i

N904i

904iシリーズで唯一となる、約3インチのワイドVGA(480×854ドット)液晶パネル、下り約3.6Mbpsの高速データ通信サービス“FOMAハイスピード”(HSDPA方式)に対応するハイスペックケータイ。ミラノを拠点に活躍するプロダクトデザイナーのステファノ・ジョバンノーニ(Stefano GioVannoni)氏とのコラボレーションモデルとなり、外側と内側でカラーの違う2つのBOXを組み合わせたようなデザインが特徴。

ソフキー

ピクセル・テクノロジーズ(株)のフルブラウザーを搭載。閲覧中に“ツール”を押すと、下部にツールバーが出現。ツールバーの“URL”を選択するとソフトキーボードが現れる

フルブラウザー

3インチワイドVGA液晶パネルを搭載。フルブラウザーでの一覧性もまずまず

デザイン

フルブラウザー

  • メインディスプレー:約3インチ(480×854ドット)
  • メインカメラ:有効320万画素
  • 連続通話時間:約180分
  • 連続待受時間:静止時約610時間
  • 本体サイズ:幅49×奥行き18.9×高さ104mm
  • 重量:113g
  • カラー:“Day and Night”、“Orange Cut”、“Urban Blue”、“Pink Soda”
  • 発売予定時期:5~6月

P904i

904i

P904i

約2.8インチのワイドQVGA(240×400ドット)液晶パネルを搭載する携帯電話機。904iシリーズでは唯一、Bluetoothによるワイヤレス通信に対応する。『P903i』にも付属していた端末から離れると自動的にロックがかかる“あんしんキー”がさらにバージョンアップし、ロックと解除を本体の“ヒカリ”と音で知らせる“アンサーバック機能”に対応している。

カスタムジャケット

“カスタムジャケット”を着せ替えることで、背面の雰囲気がガラリと変わる。左右非対称のデザインで、左半分には電話やメールの着信などを知らせる“ヒカリ”アイコンを搭載する

デザイン

左右非対称のデザインを採用しており、カスタムジャケット非装着時でもスタイリッシュ

Bluetooth

Bluetooth接続に対応し、ワイヤレスで音楽が楽しめる。対応ヘッドフォンとの接続にかかる手順が従来の13工程から3工程と4分の1弱に短縮され、より使いやすくなった

  • メインディスプレー:約2.8インチ(240×400ドット)
  • メインカメラ:有効約320万画素
  • 連続通話時間:約160分
  • 連続待受時間:静止時約600時間
  • 本体サイズ:幅49×奥行き17.9×高さ102mm
  • 重量:115g
  • カラー:“シャンパン”、“プラチナ”、“アスファルト”、“ローズ”
  • 発売予定時期:6月

SH904i

約3インチのワイドQVGA(240×400ドット) モバイルASV液晶パネルを採用する携帯電話機。ノートパソコンのタッチパッドのようにメニューやポインターを操作できる“TOUCH CRUISER”(タッチクルーザー)パッドを搭載するのが特徴。

パネルデザイン

カラーごとに異なる背面のパネルデザインを採用。ブラック(左)のパネルは立体的に見えるが、実際は平面になっている

タッチクルーザー

ヒンジ部近くにタッチパッド“TOUCH CRUISER”を搭載。4方向のフォーカス移動やスクロールだけでなく、中央部をダブルクリックして決定操作をすることもできる

マンガ

電子書籍のほか、コミックも閲覧可能な“マンガ・ブックリーダー”を搭載。本体のキーでストレスなくページをめくれる

  • メインディスプレー:約3インチ(240×400ドット)
  • メインカメラ:約320万画素
  • 連続通話時間:約170分
  • 連続待受時間:静止時500時間
  • 本体サイズ:幅50×奥行き19.9×高さ107mm
  • 重量:約130g
  • カラー:“ソリッドブラック”、“クリスタルホワイト”、“プレミアムピンク”、“ラインブルー”
  • 発売予定時期:5~6月

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン