このページの本文へ

シャープ、32Vでフルスペックハイビジョン対応の液晶テレビ“AQUOS G”を発売

2006年12月12日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ(株)は12日、業界初という32Vインチ(32V型)のフルスペックハイビジョン液晶パネルを搭載した“AQUOS(アクオス)G”シリーズとして、アンダースピーカータイプの『LC-32GS10』とサイドスピーカータイプの『LC-32GS20』の2機種を22日に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は28万円前後。

『LC-32GS10』 『LC-32GS20』
“AQUOS(アクオス)G”

『LC-32GS10』と『LC-32GS20』は、コントラスト比が32V型薄型TVとして世界最高という2000:1(同社調べ)で、室内照明が200ルクス時の“リビングコントラスト”も900:1となる、新開発のフルスペックハイビジョン対応“ブラックASV液晶パネル”を搭載したのが特徴。液晶パネルは、亀山第2工場製で、新開発のインクジェット方式のカラーフィルターが採用されており、解像度は1920×1080画素で、輝度は450cd/m2。1ドットを2つのセルに分割してセル単位で階調をコントロールするマルチ画素(MPD)技術にも採用されている。視野角は上下/左右176度。動画応答速度は6ミリ秒。バックライトには、RGBに“深紅”を加えた“4波長バックライト”を採用することで色再現範囲を拡大したという。バックライト寿命は約6万時間。

高音質化も図られており、新開発のサンプリング周波数が5.6MHzとなる“1ビットデジタルアンプ”を搭載するほか、従来機種から採用されている“高開口率スピーカーシステム”も搭載する。スピーカーユニットは2ウェイ6スピーカー(6.5cm径×4、2.0cm径×2)で、出力は10.0W+10.0W。接続端子には、i.LINK(TS)×2、DVI-I、D4×2、S2×2、コンポジットビデオ×4、“AQUOS ファミリンク”対応のHDMI×2などが用意されており、AQUOS ファミリンクに対応したAQUOSハイビジョンレコーダーやAQUOSサラウンドなどを付属のリモコンで操作できる。

チューナーは地上/BS/110度CSデジタル/地上波アナログに対応。電源はAC100Vで、消費電力は166W(待機時0.08W)。年間消費電力量は155kWh/年で、2008年度省エネ基準をクリアーしているという(達成率148%)。テーブルスタンド装着時の本体サイズ/重量は、『LC-32GS10』が幅81.5×奥行き30.4×高さ66.3cm/約22.5kg、『LC-32GS20』が幅99.1×奥行き30.4×高さ58.9cm/約23.0kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン