このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第178回

2台設置、縦回転、サブモニターと使い道はいろいろあり! 仕事の効率アップにも繋がる!

縦回転可能で仕事に便利&スダンダードなお手頃23.8型モニター「HUAWEI MateView SE」

2022年09月27日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨年からファーウェイが力を入れている製品ジャンルが、ディスプレーの「HUAWEI MateView」シリーズ。今回はその新モデル。2万円台の購入しやすい価格でありながら、在宅ワークの効率をアップさせる機能を搭載した「HUAWEI MateView SE」をレビューする。

ファーウェイ「HUAWEI MateView」シリーズの新製品は、23.8型でフルHDというスタンダードなモデル。でもしっかり特徴的な機能はあり

最近ディスプレー製品にも力を入れているファーウェイ
「HUAWEI MateView」に23.8型フルHDモデルが登場した!

 コロナ禍をきっかけにして、日本でもすっかり在宅ワークが浸透した。この大きな潮流は今後も大きくは変わらないと思われる。

 在宅ワークの効率を上げるためは、PC環境への適切な投資も欠かせない。中でも長時間見続けるディスプレーは極めて重要。メインマシンがノートPCなら、組み合わせて使う外付けディスプレーの購入をオススメしたい。ノートPCの小さな画面をのぞき込むようにずっと見ていると、作業の効率が上がりにくく、また目や肩などへの負担が大きくなってしまう。外付けディスプレーを導入すれば、これらの問題の解決につながる。

 外付けディスプレーの使い方としては、ノートPCとのデュアルディスプレーで使う方法がまず挙げられる。デスクトップ領域が拡大することで、多くのウィンドウを同時に表示でき、単純に作業がしやすくなる。また、自宅の作業スペースがあまり広くない場合は、外付けディスプレーだけに画面表示させて、ノートPCは閉じた状態で使う方法も考えられる。同時にキーボードやマウスを外付けにすることで、テキスト入力などの効率もアップする。

 外付けディスプレーは各社から販売されているが、今回紹介するのがファーウェイから新登場した「HUAWEI MateView SE」だ。23.8型で解像度はフルHD(1920×1080ドット)というスタンダードな製品だが、2万円台というお手頃な価格が魅力。また、上位モデルは画面の縦回転も可能と機能もしっかりしている。

上位の「縦横回転版」はこのように標準添付のスタンドで縦回転が可能

 今回は、HUAWEI MateView SEの上位モデルである「縦横回転版」をテストした。次ページ以降で、詳しいスペックや機能を見ていく。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店