このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第178回

2台設置、縦回転、サブモニターと使い道はいろいろあり! 仕事の効率アップにも繋がる!

縦回転可能で仕事に便利&スダンダードなお手頃23.8型モニター「HUAWEI MateView SE」

2022年09月27日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

縦横回転版はVESAマウントに対応しており
市販のモニターアームとの組み合わせも可能 2台導入もオススメ

 そのほか入力端子などのスペックも見ていこう。

 HUAWEI MateView SEは、映像入力端子としてHDMIとDisplayPortをそれぞれ1基ずつ搭載する。この価格帯のモデルとしては標準的な装備であり、複数のPCを持っている場合などでも対応できる。

HDMIとDisplayPortの2つの端子が搭載されている

 また、縦横回転版のマウント部分は、このサイズのディスプレーとしては標準となる100×100mmのVESA規格に対応。ECサイトなどで多数販売されている市販のモニターアームを用いて、PCデスクに設置することも容易。HUAWEI MateView SEは購入しやすい価格の製品でもあるので、2台を導入して、デュアル対応のモニターアームを利用して連結して設置すれば、より広いデスクトップ領域を確保して、作業効率がさらに劇的にアップするはずだ。

縦横回転版は100×100mmのVESAマウント規格が採用されている

市販のモニターアームとの組み合わせで、さらなるカスタマイズができる

 入力切り替えや画面モード変更などのOSD操作は、画面下部の5方向ジョイスティックで行なう。すべての操作がここから可能なので、画面の裏に手を回してボタンを探すといった手間がなくなる。

本体下部のジョイスティックで端子の選択やメニュー操作が可能

 なお、HUAWEI MateView SE 標準版は、画面サイズや解像度、映像入力端子などの性能については縦横回転版と同様。違いは、縦横回転と高さの調整、VESAマウント規格に非対応な点だ。市場想定価格は2万2800円とさらに購入しやすくなるので、自分の用途から判断してこちらを選択するのも手だろう。

 HUAWEI MateView SEは、ファーウェイ公式オンラインストア「HUAWEI STORE」や家電量販店、ECサイトなどで発売中。市場想定価格は、縦横回転版が2万6800円、標準版は2万2800円となっている。スタンダードな製品のように見えて、ディスプレーとしてのスペックはしっかりと装備。そして縦横回転やHUAWEI eBookモードといった特徴的な機能も持った1台と言える。

   

提供:ファーウェイ・ジャパン

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店