このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Core i7-12700H&GeForce RTX 3050 Ti Laptop GPUを搭載

マウスの15.6型ゲーミングノート「G-Tune P5-RT」レビュー、ゲームだけでなく仕事や普段使いも快適にこなせる1台だ

2022年09月27日 11時00分更新

文● 石川ひさよし 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フルHD&中~高画質設定で60fpsが得られるパフォーマンス

 G-Tune P5-RTのパフォーマンスをベンチマークで計測してみよう。今回の評価機は、G-Tune P5-RT[Windows 11]の標準構成で、価格は20万9900円だ。

 まず計測時の設定だが、電源設定は「最適なパフォーマンス」とした上で、導入済みのユーティリティ「Control Center」のパワーセッティングから「パフォーマンスモード」を選んでいる。OS側から最適なパフォーマンスを選んだだけでは最大性能にならないようで、よりハードウェア寄りの専用ユーティリティからパフォーマンスモードを選ぶことで性能を引き出す設定に切り換わる。

 最近のPCではこうした仕様のものが増えているので、想定よりもパフォーマンスが出ないという場合は要チェックだ。そのほか、NVIDIA設定の3D設定の管理→グローバル設定の優先グラフィックスプロセッサーは「高パフォーマンスNVIDIAプロセッサ」を選んでいる。

「Control Center」のパワーセッティングでは「パフォーマンスモード」を選んでいる

 ではCPU性能ベンチマークの「CINEBENCH R23」から見ていこう。Multi Coreは15105pts、Single Coreは1783pts。20スレッド対応とあってマルチスレッド性能はかなり高く、シングルスレッド性能もノートPCとして考えると高いスコアだ。CPUについてはかなり強力と言えるだろう。

「CINEBENCH R23」の結果

 続いて「PCMark 10(Standard)」。総合スコアは6784。ホームシナリオの「Essentials」では10368、ビジネスシナリオの「Productivity」は9030、コンテンツ制作シナリオの「Digital Content Creation」は9053といったスコア。基本的には万能型だ。

「PCMark 10」の結果

 「3DMark」は、「Time Spy」が5947、「Fire Strike」が13175、「Night Raid」が40039。フルHDゲーミングには十分なスコアだが、Time Spyが示すようにDirectX 12の高負荷なグラフィックのタイトルでは少しパフォーマンスが足りず、画質設定の変更が必要になるだろう。

「Time Spy」の結果

「Fire Strike」の結果

「Night Raid」の結果

「Wild life」の結果

 では実際のゲームタイトルによるベンチマークを見ていこう。

 まずは「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」。フルHD、高品質設定では5586ポイントで「やや快適」評価。フルHDのまま標準品質に落とすと7577ポイントで「快適」評価、さらに軽量品質とすれば9212ポイントで「とても快適」評価が得られた。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク。すべてフルHDで、上から高品質、標準品質、軽量品質

 次に検証したタイトルは「Horizon Zero Dawn」。フルHD、最高画質での平均フレームレートは60fpsで、おおむねスムーズに描画されるが、時おりフレームレートの低下が見られた。画質をクオリティ優先に引き下げると平均64fpsとなり、ベンチマークシーンの大半を60fps超で推移していた。さらに引き下げてデフォルトにすると平均75fpsで、ここまで下げれば常時60fps超と言える。

Horizon Zero Dawn。すべてフルHDで、上から最高画質、クオリティ優先、デフォルト

 今度はレーシングゲームの「Forza Horizon 5」。本作の画質プリセットには「エクストリーム」「最高」「高」「中」とあるが、フルHDの場合、エクストリームと最高は30fps程度であまり快適とは言えなかった。高に落とした場合は平均82fps、中なら93fpsといった結果だった。

Forza Horizon 5。すべてフルHDで、上から最高、高、中

 eスポーツタイトルの「Tom Clancy's Rainbow Six Siege」では、フルHD、最高画質でも267fpsと余裕だった。この設定をベースにDLSSを「クオリティ」とすると223fps、DLSSを「ウルトラパフォーマンス」とすると254fpsといったところ。パネルスペックが60Hzなので、最高画質設定で、V-SYNC(垂直同期)をONにして楽しむのがよいのではないだろうか。

Tom Clancy's Rainbow Six Siege。すべてフルHDで、上から最高画質、+DLSSクオリティ、+DLSSウルトラパフォーマンス

G-Tune P5-RTならオフのゲーム、オンのビジネスまでカバー

 今回レビューしたG-Tune P5-RTは、ゲーミングに分類されるが高性能ノートPCであるという印象だった。ディスプレーのリフレッシュレートが60Hzという点で、eスポーツゲーマーは対象とならないと思われる。ただし、すべてのゲームが60Hz超、120Hz、144Hzそれ以上を求めるわけではなく、AAAタイトルなどは現在も60fps/60Hzをターゲットとしているので問題はなさそうだ。

 GeForce RTX 3050 Ti Laptop GPUは多少の画質調整は必要としても、中~高画質で60fpsを満たしてくれるパフォーマンスだ。eスポーツタイトルを本格的に楽しみたい場合は、外部ディスプレーとして高リフレッシュレートのゲーミングディスプレーを組み合わせるのがよいだろう。

 ゲームだけでなく、ホーム&ビジネスの用途にも適したモデルを探しているなら、G-Tune P5-RTは購入する価値があるだろう。

(提供:マウスコンピューター)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ