コンテナとサーバーをシンプルに カゴヤ・ジャパンが国産クラウドプラットフォーム「cloud tap」提供開始

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カゴヤ・ジャパンは6月8日より、法人から個人利用まで幅広く利用できる「cloud tap」の提供を開始した。

 柔軟にスペックの変更や増強を行ない、LinuxとWindowsからOSを選択できる「クラウドサーバー」や、Rancherを用いたKubernetesマネージドサービス「コンテナサービス」を利用して、希望する環境を構築できる。

■cloud tapの3つの特徴
1. コントロールパネルで簡単操作
 国産のクラウドサービスとして、コントロールパネルはシンプルで分かりやすく、だれでもすぐに利用できる。

2. 料金発生は使用した分だけ。月額上限も用意
 時間ごとの従量課金でコストを抑えられるうえ、月額上限料金の設定もあるので、想定以上にコストがかかってしまうリスクを回避。予算内で安心して利用できる。

3. 無料トライアルで実際に使って選べる
 どんなサービスかわからないという人のために30日間の無料トライアルで操作感やサービス内容を確認してから利用可能。無料トライアルの対象リソース・構成は以下のとおり。

クラウドサーバー コンテナサービス
サーバー 1コア/2GB 
ディスク 80GB
スイッチ 1個
ルーター スタンダード1個     
管理サーバー 4コア/4GB/50GB×1
ノード 2コア/2GB/50GB×1
月額換算 6380円分    月額換算 4万6200円分

 データセンターは、国立国会図書館関西館が設置されるなど災害に強いことで知られる京都府の「けいはんな学研都市」に立地し、24時間体制で自社エンジニアが常駐して運用監視にあたっており、国内ユーザーに安心できる環境を提供。

製品詳細
クラウドサーバー ※サーバー・ディスク料金 ※オプションは除く
 最小構成 1コア/512MB/20GB 7.7円(時間額)/1540円(月額)
 ~ 最大構成 20コア/224GB/1TB 893.2円(時間額)/17万8640円(月額)

コンテナサービス
・管理サーバー
 最小構成 4コア/4GB/50GB 1320円(日額)/3万6960円(月額)
 ~ 最大構成 8コア/16GB/200GB 1980(日額)/5万5440(月額)
・ノード
 最小構成 2コア/2GB/50GB 330円(日額)/9240円(月額)
 ~ 最大構成 8コア/16GB/200GB 660円(日額)/1万8480円(月額)

 まずは、30日間のcloud tap無料トライアルを。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2022年
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2021年
06月
08月
10月
11月
12月
2020年
10月