このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第158回

ファーウェイ製ゲーミングディスプレーに34型スタンダードモデルと27型の2モデルが追加

16:9で設置場所を選ばなくなった27型の「HUAWEI MateView GT」をビジネスやエンタメで大いに活用

2021年11月29日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ゲーミングモニターとしての性能はどちらも十分
最大リフレッシュレートは165Hzで各種アシストモードを搭載

 最後に、HUAWEI MateView GTシリーズに共通のゲーミング性能や機能を見ておこう。

27型モデルもゲーミングアシスト機能はしっかり装備

 HUAWEI MateView GTシリーズは、ゲームプレイをアシストするさまざまな機能を搭載している。具体的には、暗い場面でディスプレーの明るさを調整して敵をいち早く発見しやすくする「ダークフィールドコントロール」、画面中央に常時スコープを表示させる「ターゲットアシスト」があり、これらはFPS(First Person Shooter)をプレイする上では欠かせない機能だ。

使うシーンのほか、ゲームの種類にも合わせて最適な表示モードに切り替えられる

 また、ゲームのスタイルに合わせて映像モードを切り替える機能もある。搭載モードは「FPS」のほか、「MOBA(Multiplayer online battle arena)」や「RTS(Real Time Strategy)」と、ゲームのジャンルごとのモードが用意されている。映像モードは、ほかにも「Movie」や「Scenery」など、ゲーム以外の用途のものも搭載している。

 リフレッシュレートは前述のとおりに、最大165Hzに対応。ゲーム画面を滑らかに表示できるだけでなく、FPSのようなゲームでは、1秒間に更新される情報量が多くなることで、遠くで高速に動いている対象(敵)を察知しやすくなるというメリットもある。

 HUAWEI MateView GTシリーズでは、メニュー操作は画面の下部分にある5方向ジョイスティックで行なう。操作する機会の多い入力端子や映像モードの切り替え、ダークフィールドコントロールのレベル変更などの際に、画面の側面や背面にわざわざ手を伸ばす必要がなく便利に使える。

端子切替やメニュー操作は画面下部のジョイスティックで可能

 HUAWEI MateView GT 27インチ スタンダードエディションはすでに発売中で、HUAWEI MateView GT 34インチ スタンダードエディションは12月3日発売。市場想定価格は4万9980円と6万2800円。

  HUAWEI
MateView GT
27インチ
スタンダード
エディション
HUAWEI
MateView GT
34インチ
スタンダード
エディション
HUAWEI
MateView GT
34インチ
サウンド
エディション
画面サイズ 27インチ(16:9) 34インチ(21:9) 34インチ(21:9)
パネル VA VA VA
解像度 2560×1440 3440×1440 3440×1440
リフレッシュレート 165Hz 165Hz 165Hz
コントラスト比 4000:1 4000:1 4000:1
輝度 350ニト 350ニト 350ニト
表示色 8bitカラー
(1670万色)
10bitカラー
(10億7000万色)
10bitカラー
(10億7000万色)
色域 90% DCI-P3
/100% sRGB
90% DCI-P3
/100% sRGB
90% DCI-P3
/100% sRGB
映像入力端子 HDMI 2.0×1、
DP 1.2×1
HDMI 2.0×2、
DP 1.4×1
HDMI 2.0×2、
DP 1.4×1、
USB Type-C×1
サウンドバー ○(5W×2)
本体サイズ 約613×546×224mm 約809×542×220mm 約809×542×220mm
重量 約7.8kg 約9.34kg 約9.55kg
市場想定価格 4万9980円 6万2800円 6万5800円
   

提供:ファーウェイ・ジャパン

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店