このページの本文へ

LUMIX BASE TOKYOのマネージャーとワークショップ講師に聞く、DAIVの魅力とは

「LUMIX BASE TOKYO」は展示機材での動画撮影に加え、クリエイター向けPC「DAIV」で編集も可能。トータルでワークフローを試せる!

2021年11月30日 11時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

写真・動画のワークフローをトータルで試せるソリューションを用意

LUMIX BASE TOKYO マネージャーの坂本 維賢氏

 まずは坂本氏に、LUMIX BASE TOKYOやDAIVのマシンについて話を伺った。

──よろしくお願いします。まずは、LUMIX BASE TOKYOをオープンした経緯を教えてください

坂本 維賢氏(以下、坂本氏):前段として、もともとLUMIXのショウルームは銀座にありました。ただ、こちらが2つのフロアで展開していて、それぞれが手狭だったので、なかなかワークショップや展示といったやりたいことがしづらい環境だったんです。

 そこで、もっと訴求したいこと、伝えたいことを実現したいと思い、LUMIX BASE TOKYOに移転しました。

──青山にオープンした理由はありますか?

坂本氏:理由の1つとして、渋谷から青山にかけて映像関連の会社さんが多いため、そこにお仕事で集うクリエイターの方々も多いということが挙げられます。また、そういった方に憧れていたり、将来同じような職業を目指したり、といったユーザーさんにも来てもらいたいという想いで、青山を選びました。

──LUMIX BASE TOKYOでは、どういったことができるのでしょうか。

坂本氏:パナソニックのLUMIXシリーズのカメラとレンズはすべて展示してあり、試すことができます。加えて、カメラとレンズで動画は撮影できますが、もっとこだわりたい場合は、ライティングや外部ディスプレー、配信機材に加え、編集するためのパソコンなども必要になります。

 そこで、LUMIX BASE TOKYOでは、マウスコンピューターさんを始めとした様々なメーカーさんに協賛していただき、トータルのソリューションとして体験できる場所となっています。静止画と動画どちらも体験いただけますが、とくに動画のワークフローをトータルで体験できる場所はなかなかないと思っているので、そこにはこだわりました。

LUMIX以外の機材も豊富に取り揃えている

ジンバルも用意

 さらに、メーカーさんやクリエイターさんにご協力いただき、様々なワークショップを実施しています。色々な分野のスペシャリストを講師としてお呼びしていますので、おススメです。

プロのクリエイターを講師に招き、様々なワークショップを実施

──ワークショップはどういった方向けなのでしょうか

坂本氏:プロの方はもちろん、ハイアマチュアな方向けの中・上級のワークショップと、これから始めたい方向けの初級のワークショップをそれぞれ用意していますので、ユーザーさんに合ったワークショップを選択いただけたらと考えております。

──ちなみにカメラやレンズは購入できるのでしょうか

坂本氏:全部の商品ではないのですが、フルサイズの製品はすべて販売していまして、そのほかにマイクロフォーサーズだと「LUMIX G100」と「LUMIX GH5 II」は販売しています。そのうち全部売ってくれと言われるかもしれませんが、順次販売製品を拡充することも検討しています。

来場者からも好評なDAIVの性能の高さ

──では、LUMIX BASE TOKYOにも設置してあるDAIVの魅力について教えてください

坂本氏:なんといっても性能がしっかり確保してある点ですね。とくに4Kの動画は重いので、パソコンの性能で快適さは変わってきてしまい、低いと作業がもたついてストレスになりますから。

 LUMIX BASE TOKYOではDAIVのマシンを常設させていただいておりますので、試し撮りした動画をそのままDAIVでいじってもらったり、ご自身で動画を撮影したものをお持ちいただいて編集を試されたりする方もいらっしゃいます。そういった方からも、素直に「すごいねコレ」と言われることが多く、来場者さんの評価もとても高いです。

DAIVの快適さは、来場者からも好評だという

──個人的には、LUMIX GH5 IIが試せるのがいいなと感じています

LUMIX GH5 IIも展示

坂本氏:従来のGH5をたくさんの方にお使いいただき、すごいシリーズになったなという実感があります。また、開発発表のみでしたが、GH6の注目もありがたいことにすごくて、来場される方からどっちがいいの? とよく聞かれます。期待されていることを感じられて、うれしかったです。

──LUMIX GH5 IIを使いこなすにも、高性能なパソコンは必要ですよね

坂本氏:そうですね。同じ4K解像度でも何ビットなのかといったこともありますので、色々なことにこだわればこだわるほど、パソコンのスペックは大事になってきます。そういう意味でも、DAIVは最適だなと思います。ぜひLUMIX BASE TOKYOに足を運んでいただき、LUMIX GH5 IIで試し撮りした動画を、DAIVで編集してみてほしいです。

──ありがとうございました

カテゴリートップへ