このページの本文へ

ゲームに加え写真・動画編集をしたい人にも最適、Steamゲームデビューにも!

お手頃価格で最新タイトルも遊び倒せ! 汎用性高い8コアCPU&RTX 3050 Ti搭載15.6型ゲーミングノートPC「LEVEL-15FX151-i7-PASX」

2021年10月27日 11時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シンプルなデザインでゲームだけでなく仕事のメインマシンにも

シンプルなデザインでゲーム用途だけでなく仕事にも使いやすい

 まずは、LEVEL-15FX151-i7-PASXの外観からチェックしていこう。サイズはおよそ幅365×奥行258×高さ33.6mmで、重さは約2.1kg。モバイルノートほどコンパクトではないが、友人宅で一緒にゲームしたり、基本はテレワークでときどき出社したりする際に持ち運んで使う分には十分可能だ。

厚さ33.6mmと、15.6型ゲーミングノートパソコンとしては標準的だが、少し大きめのリュックであれば問題なく持ち運べる

 本体カラーは、キーボードの印字以外はブラックで統一してあり、とてもシンプル。背面にLEVEL∞のロゴがあるものの、控えめなデザインなのでゲームだけでなくメインマシンとしても利用しやすい。

ブラックで統一されたスタイリッシュなデザイン

 ディスプレーは上と左右に狭額ベゼルを採用しており、みためのスタイリッシュさにも貢献している。また、ノングレアパネルを採用しているので、長時間のゲームプレイや作業でも映り込みが少なく目が疲れにくい。リフレッシュレートは60Hzなので、FPSをガッツリ遊びたい人向けではないが、MMORPGやストラテジーゲームなど、ゆったりと長時間ゲームをプレイしたい人にはピッタリだろう。

ディスプレーは上と左右に狭額ベゼルを採用

 キーボードはテンキーが付いており、キーの幅は若干狭めだが、エンターキーや左シフト、スペースといったキーはしっかり大きさが確保されているので、実際に使ってみるとタイピングしづらいということはなかった。加えて、タイプ音は静かななので、周りに人がいても気にせずゲームや作業に没頭できる。

キーボードは静音ながら打鍵感もしっかりしており、かつ静音で好印象だ

LEDバックライトも内蔵

「Control Center」からバックライトのカラーが変更可能。もちろんオフにもできる

 インターフェースは左側にUSB 3.0、USB 2.0、マイク入力、ヘッドフォン/スピーカー出力を、右側にUSB 3.1、USB 3.1 Type-C、SDカードスロットを、背面に電源端子、有線LAN、HDMI、Mini DisplayPortを備えている。バランスよく配置されているため、ケーブルの取り回しがしやすく、絡まってうっとおしいこともない。

左側にUSB 3.0、USB 2.0、マイク入力、ヘッドフォン/スピーカー出力を配置

右側にUSB 3.1、USB 3.1 Type-C、SDカードスロットを備える

背面には電源端子、有線LAN、HDMI、Mini DisplayPortがある

 加えて、無線LANはWi-Fi 6なので、対応ルーターを用意すれば、より快適に通信が可能。さらに、Bluetooth 5.0も準拠。無線LANやワイヤレスマウスを用意すれば、よりケーブルレスでのゲームプレイが可能となる。

 そのほか、底面のかなりのスペースが吸気口になっており、左右側面と背面に排気口があるので、エアフローもグッド。ゲームプレイ中はそれなりに排気音がするものの、ヘッドセットをしていればほとんど気にならないレベルだ。

底面の多くのスペースが吸気口になっており、エアフローも上々

カテゴリートップへ