このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Core i7-11800H・16GBメモリー搭載で、今なら18万6780円から!

動画・写真編集の初心者からプロまでオススメできる、15.6型で約1.73kgのRTX 3050搭載高コスパクリエイター向けノートPC「DAIV 5P」

2021年10月25日 11時00分更新

文● 周防克弥 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「DAIV 5P」

 マウスコンピューターのクリエイター向けブランド「DAIV」として販売されているノートパソコン「DAIV 5P」シリーズに、新モデル「DAIV 5P」が登場した。

 DAIV 5Pは15.6型で、持ち運びやすいサイズでありながらも、モバイルに特化したモデルとは異なり十分なサイズがあるので、しっかりと発熱への対策ができている。そのため、性能面での不満を感じずディスプレーサイズは実用性も高いため、ノートパソコンとしては大人気のクラスだ。

 当然DAIVシリーズも15.6型ノートには力を入れており、高性能なCPUとGPUを搭載した性能重視の「DAIV 5N」もラインナップされている。DAIV 5Pシリーズは、DAIV 5Nほど尖った性能ではないが、汎用性を重視し、モバイル性を持たせつつも性能も犠牲にしないバランスを重視したモデルだ。

 従来モデルのDAIV 5Pは、「Core i7-10750H」と「GeForce GTX 1650 Ti」の組み合わせだったが、新モデルはCPUとGPUが共にランクアップ。「Core i7-11800H」と「GeForce RTX 3050 LapTop GPU」の組み合わせになり、大幅な性能向上が見込める。

 また、昨今の低消費電力型のCPUや、モバイル用のGPUの性能が著しく向上しているため、一世代前のハイエンドノートパソコンや、デスクトップパソコンに匹敵する性能を持ったノートパソコンに仕上がっている。

 また先代モデルではメモリー動作がシングルチャネルだったため、動作に不満はなかったものの、クリエイター向けとしては気になる点だった。しかし、新モデルではしっかりデュアルチャネル動作になっているのも、大きな変更点の1つだ。

 今回は、DAIV 5Pの試用機をお借りできたのでレポートしよう。

使用機の主なスペック
CPU Core i7-11800H(2.3GHz~最大4.6GHz)、8コア/16スレッド
グラフィックス GeForce RTX 3050 LapTop GPU/インテル UHD グラフィックス
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD(NVMe対応)
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)、sRGB比 約100%
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(2.5GBASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.0
インターフェース USB 3.1、USB 3.1 Type-C(画面出力対応)、USB 3.0×2、HDMI出力、有線LAN端子、ヘッドフォン出力/マイク入力
サイズ/重量 およそ幅355.5×奥行236.7×高さ20.6mm/約1.73kg
OS Windows 10 Home(64bit)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ