このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

静止画ベースの画像編集や、軽めの動画編集に打ってつけの1台!

モバイル向けRTX 3050搭載、基本性能・クリエイティブ性能ともに抜群な18万円台クリエイターノート「DAIV 5P」

2022年07月08日 11時00分更新

文● 周防克弥 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターのクリエイター向けブランド「DAIV」シリーズには、ディスプレーサイズの違いや用途に応じて、多くのモデルがラインナップされている。今回は、コストパフォーマンスの高い15.6型ディスプレーを採用した「DAIV 5P」を試用する機会を頂いたので、さっそくレポートをしよう。

DAIV 5P 主なスペック
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット、ノングレア)
CPU インテル「Core i7-11800H」(8コア/16スレッド、最大4.6GHz)
グラフィックス NVIDIA「GeForce RTX 3050 Laptop GPU」
メモリー 16GB(8GB×2、DDR4-3200)
ストレージ 512GB(M.2接続/NVMe対応)
光学式ドライブ 非搭載
インターフェース USB 3.0 Type-A×2、USB 3.1 Type-A/Type-C、HDMI出力、有線LAN(2.5GBASE-T)、ヘッドフォン出力(ミニジャック メス)、マイク入力(ミニジャック メス)、micro SDメモリーカードスロット
通信規格 無線LAN(IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n)+Bluetooth 5
ウェブカメラ 100万画素(Windows Hello 顔認証カメラ搭載)
サイズ 約355.5(W)×236.7(D)×20.6(H)mm
重量 約1.73kg
OS Windows 11 Home

画像編集、動画編集を快適にこなせるモバイルノート

 基本的なスペックとして、CPUはインテル第11世代モバイルプロセッサーの「Core i7-11800H」、GPUはNVIDIAのモバイル向けである「GeForce RTX 3050 Laptop GPU」、メモリーは16GB(8GB×2、DDR4-3200)、ストレージは512GB SSD(M.2接続/NVMe対応)が搭載されている。税込みで18万9800円と、かなり魅力的な価格設定になっている。

 CPUは第11世代のハイエンドモバイルプロセッサーで、GPUはRTXシリーズのなかではエントリークラスの位置づけだ。どちらも十分な実績があり、性能面での不満はないといっていいだろう。むしろ実績のあるCPUとGPUなので、動作面での安定性は高く、業務用途で利用するなら不具合なく動作するという利点を評価したいところだ。

 最近のモバイル向けCPUやGPUは性能が大きく上がり、用途はある程度限定されてしまうものの、筆者のような静止画を中心にしたスチールカメラマンなら、仕事用のメインマシンとして十分運用できる性能を持つモデルが増えてきている。

 今回試用したDAIV 5Pは、5000万画素クラスのデジカメで撮影したデータでレイヤーを十枚前後くらい重ねてレタッチや編集をする作業のほか、4K動画のタイムライン編集やエフェクト処理も結構余裕でこなせる。

 「Adobe Photoshop」で複数のレイヤーを重ねた処理や、「Premiere Pro」でトランジションやエフェクトを多用する場合、CPUやGPUの処理能力は足りている反面、処理が重いと感じるようなら、BTOで搭載メモリーを増やすのが一番効果的といえる。CPUをワンランク上にするよりは、ミドルレンジモデルで搭載メモリーを増やしたほうが作業効率は高いだろう。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ